スポンサーリンク

「扮する」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「扮する」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「扮する」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「扮する」とは?意味

他の人に似るように外観を整えること、ふりをすることです。

「扮」という漢字には、よそおう、かざるという意味があります。

装うには、身なりを整えて美しく飾る、表面や外観にてを加えて他のものに見せかける、といった意味があります。

飾るには、物を添えたり、手を加えたりすること、取り繕うことという意味があります。

こういったことから、「扮する」とは、他のものに似せて外観を整えること、ふりをすることを指しています。

「扮する」の概要

「扮する」は、特に俳優が役の身なりをすることをいいます。

扮装するともいいます。

俳優は演じているとき以外は、その人そのものでいます。

誰かになりきろう、誰かに似せようとしているわけではありません。

このときは「扮して」いない状態です。

ドラマや映画などに出るときに、いつもの自分のままで出てしまっては、ドラマや映画の物語が成り立たなくなってしまいます。

そこで、登場人物になりきることをします。

このとき、役の身なりをし、そのことを「扮する」といいます。

たとえば、俳優のAさんがドラマで内科医を演じることになったとします。

Aさんは医学部を出ていないので、医師の資格はありません。

内科医が当然持っているであろう技術もありません。

しかし、ドラマの中では内科医になりきります。

服装は白衣を着るなどして、内科医のように見せます。

このことを「Aが内科医に扮する」といいます。

キャラクターが別の何かの格好をすることもいいます。

たとえば、パイロットの格好をする、飼育係の格好をするなどです。

この場合は「キャラクターがパイロットに扮する」などということができます。

キャラクターの場合だと、着ぐるみを着せられているような格好になることがあります。

「扮する」とは、自分以外の何かに似せること、見せかけをすることです。

「扮して」いるときには、外観を他のものに似せているだけでなく、中身も自分以外の何かになりきっていることが珍しくありません。

ドラマや映画などでは、俳優がある役に「扮して」いるとき、見た目だけでなく中身まで役の人物そのもののようです。

「扮する」の言葉の使い方や使われ方

俳優が役の身なりをすることを指して使用することが多いです。

俳優以外のことにも使用できます。

人に使われることが多い言葉で、動物や物にはほとんど使用しません。

エンタメ情報などで使われることがありますが、日常会話ではあまり使用されません。

「扮する」の類語や言いかえ

「装う」「見せかける」が似たような意味を持つ言葉です。

装うは飾ること、見せかけるは実際にはそうでないけれど、そうであるように見せることを意味しています。

「扮する」も実際にはそうでないけれど、他のものであるかのように見せることを意味しています。

まとめ

他のもののように見せかけることを意味する言葉です。

特に俳優が行うものについていいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典