スポンサーリンク

「投資家」と「債権者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「投資家」と「債権者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「投資家」「債権者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「投資家」とは?

「投資家」とは、利益を得ることを目的として、金融商品、通貨、不動産などを保有している人のことを言います。

例えば、自分が住む為に土地やマンションなどを買うわけではなく、人に貸したり、転売して利益を出す為に買うのです。

成功するか失敗するかは人にもよります。

「投資家」として成功するには、将来的に利益が見込めそうであると見抜く目が必要です。

「債権者」とは?

「債権者」とは、「債権」を持っている人という意味になります。

法的に物、お金を受け取る、貸したお金を返してもらう権利と覚えておきますとわかりやすいでしょう。

例えば、誰かにお金を貸している個人、金融機関、貸金業者などが「債権者」で、借金をしている人が「債務者」ということになります。

「投資家」と「債権者」の違い!

「投資家」「債権者」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は意味がまったく違いますので、混同しないようにしてください。

「投資家」とは「投資」を目的として自分の資金を証券、事業などに使う人のことを言います。

「債権者」とは「債務者」とセットで使われることが多いですので併せて覚えておくことをおすすめします。

簡単に言えば「債権者」とは貸したお金を返してもらう権利を持っている人のことで、「債務者」はお金や物を借りていて返す義務を負っている人です。

まとめますと「投資家とは投資目的で不動産、金融商品など保有する人」「債権者とは貸したお金、物を返してもらう権利を持っている人」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「投資家」「債権者」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典