「抱きしめる」と「ハグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「抱きしめる」と「ハグ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「抱きしめる」「ハグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「抱きしめる」とは?

「抱きしめる(だきしめる)」とは、「対象となる相手(人)・物を両腕で包み込んで、その手や腕にぎゅっと強い力を入れてきつく抱擁すること」を意味している言葉です。

「抱きしめる」というのは、一般的な友人知人の関係でする行為ではなく、主に夫婦・恋人といった親密な異性関係がある相手とする行為になります。

「抱きしめる」という行為には、「特定の異性(同性)に対する強い愛情表現」という意味合いがあるのです。

「ハグ」とは?

「ハグ」とは、「軽くお互いの体を寄せ合う程度で、抱き寄せること」「相手の背中に手を回して、(きつく抱きしめずに)ソフトに短時間の抱擁をすること」を意味している言葉です。

「ハグ」は、夫婦・恋人などの親密な異性だけではなく、同性も含めて親しい友人知人との間でも行われる行為です。

「ハグ」という行為には、「主に欧米における一般的・形式的な挨拶」「親愛の情(敵意がないこと)の表現」という意味合いがあるのです。

「抱きしめる」と「ハグ」の違い!

「抱きしめる」「ハグ」の違いを、分かりやすく解説します。

「抱きしめる」「ハグ」「相手の体を抱き寄せるという行為」では共通している部分がありますが、「抱きしめる」のほうが「ハグ」よりも「相手の体を両腕で包み込んで、その腕・手に強い力を入れて離さないようにする」という違いがあります。

「抱きしめる」「強い力を込めた抱擁」であり、「ハグ」のほうは「体を触れ合わせるくらいのソフトな抱擁」であるという違いがあるのです。

また「抱きしめる」「相手に対する明確な愛情表現」であることが多いのですが、「ハグ」のほうは「主に欧米における一般的・形式的な挨拶(特定の異性への愛情とは関係しないもの)」であることが多い違いも指摘できます。

まとめ

「抱きしめる」「ハグ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「抱きしめる」とは「対象となる人・物をぎゅっと両腕で包み込み、その手や腕に力を入れてきつく抱擁すること」を意味していて、「ハグ」「挨拶の意味で、軽く体を寄せ合う程度に相手の体をソフトに抱くこと」を意味している違いがあります。

「抱きしめる」「ハグ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典