スポンサーリンク

「押しも押されぬ」と「押しも押されもせぬ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「押しも押されぬ」と「押しも押されもせぬ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「押しも押されぬ」「押しも押されもせぬ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「押しも押されぬ」とは?

「押しも押されぬ」は、「押しも押されもせぬ」「押すに押されぬ」が混同して使われている言葉です。

用法的には誤りになります。

「押しも押されもせぬ」とは?

「押しも押されもせぬ」は、「実力があり、堂々としていて、どこへ出ても圧倒されることがないこと」という意味です。

自分に自信があるので、他人を押すこともなく、押されることもない、つまりどこへ出ても堂々としている様子を表す言葉です。

世間的に実力が高く評価されて、人から一目置かれる立場の人に使われる言葉です。

「押しも押されもせぬ大スター」は、実力と人気があり、いつでも堂々としている有名人のことです。

基本的に世間の人に実力や評価が伝わり易い芸能人やスポーツ選手に使われることが多くなります。

「押しも押されぬ」と「押しも押されもせぬ」の違い!

「押しも押されぬ」「『押しも押されもせぬ』と『押すに押されぬ』が混同した言葉」です。

「押しも押されもせぬ」「実力があり、堂々としていて、どこへ出ても圧倒されることがないこと」です。

まとめ

今回は「押しも押されぬ」「押しも押されもせぬ」の違いをお伝えしました。

「押しも押されぬ」「誤用」「押しも押されもせぬ」「どこ出ても堂々としている」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典