スポンサーリンク

「押し買い」と「出張買取」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「押し買い」と「出張買取」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「押し買い」「出張買取」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「押し買い」とは?

「押し買い」は半ば強引に買取を迫るために訪問宅に許可なく立ち入ろうとする行為です。

許可を取らずに無理やり住居内に侵入し言葉巧みに何が何でも商品を買い取ろうとするのが「押し買い」になり、「押し売り」という不用品を押し付け販売する行為の反対になります。

ですが、格安で買い叩くことを目的としているのが「押し買い」であるため目的に鑑みた場合かなり悪質性があるのが「押し買い」で訪問宅とトラブルになることも多いです。

「出張買取」とは?

「出張買取」は買取依頼する人物が買取事業者を選んだ後、自宅まで来ていただく行為です。

そのため、買取に関するやり取りはすでにお店側と売買者の間で仮契約しており、契約があるが故、訃報に住居に侵入することなく政党に住居に入り、商品群を買取することが事業者は可能です。

逆を言えば、買取の仮契約が出来ていない場合、飛び込みで買取をする行為は「出張買取」とはなりません。

「押し買い」と「出張買取」の違い

「押し買い」は買取事業者の都合で買取相手を探し、半ば強制的に買取を迫る行為です。

その為違法性が認められており、住居内に侵入し買取を強制することで初めて「押し買い」が成立します。

この「押し買い」の問題点は買い手と売り手に全くの信頼関係や売買をするという契約がなされていないことです。

一方で「出張買取」は買い手と売り手に売買を成立させようとする意志があり、意思があるからこそ書いての事業者を売りては自ら招き入れる点が異なります。

その上で、買い手は売り手に対して売買したい商品の身を買取しますので不必要に商品の差出をしない点が大きく異なります。

ですが、「出張買取」も時として悪質性がある場合があり、他の商品を出すように強要した場合、「押し買い」へと変貌しますので「押し買い」「出張買取」はある意味で表裏一体です。

まとめ

「押し買い」「出張買取」の違いは違法性が高いかどうかに着目します。

「押し買い」は強制力を持つ買取手段で、買い手側に主導権があります。

つまり、買い手側が自由に買値をつけ自由に商品を選ぶ権利まで持つため、高い違法性があります。

特に「強要」することで成立するのが「押し買い」になりますので「出張買取」と比較した場合違法性があります。

一方で、「出張買取」は売り手が書いての事業者に対して買取をしてもらう意思を示しており、その意思をくみ取り事業者は売り手の自宅に訪れるため違法性はなく、単純に売買になります。

しかしながら、「出張買取」も意外に「押し買い」と同じ要素を含む部分があり、それは買取査定員が他に商品を売るよう「強要」した場合、「押し買い」と同じ強要し相手から金品を要求し買い叩くという行為に当てはまるため違法性が高くなります。

つまりは、「押し買い」が買い叩くという行為も入るため、いかに安く売買を成立させるかも重視しているため、買取事業者側のみ都合の良い買取スタイルが「押し買い」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典