スポンサーリンク

「拍手」と「喝采」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「拍手」と「喝采」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「拍手」はもちろん理解できるとして、「喝采」は一体どういう意味でしょうか。

まとめて「拍手喝采」と言う言葉もありますが、この両者は全く別物です。

この記事では、「拍手」「喝采」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「拍手」とは?

「拍手」は一般的に、両手を叩きあわせて音を発する行為です。

特に対象に対して好意的な感情を示すために行われます。

具体的には感動した場面の他に、賞賛や感謝、歓迎などの気持ちを込めて行うのが通常です。

「拍手」の使い方

日本にはおいては現在、多種多様な「拍手」の用法があります。

例えば、神道において「拍手」「かしわで」とも呼ばれており、神に感謝を示したり、邪気を取り除いたりするために使うのが一般的です。

神社にお参りする時の、再拝二拍手一拝も含まれます。

オンラインでは面白いコンテンツや、役立つ情報に対して贈る「WEB拍手」が有名です。

実際にユーザーが「拍手」をしてくれるわけではないのですが、賞賛や感謝の気持ちが伝わります。

「喝采」とは?

「喝采」は手を打ち鳴らしたり、嬌声をあげて対象をほめちぎることです。

喝は大声をあげると言う意味を含んでおり、采は優れたものを選ぶことを指します。

このため、良いものに対して、大きな声で褒め称えるのが「喝采」です。

「喝采」の使い方

興行やスピーチなどが成功し、観衆が大いに盛り上がって、惜しみない賞賛を送っている時に「喝采」が使われます。

また、「拍手喝采を送りましょう」と呼びかける際に用いるのも、不自然ではありません。

「喝采」自体は熟語なので、「喝采を送る」とか「喝采を浴びる」と言う表現にも利用できます。

「拍手」と「喝采」の違い

「拍手」「喝采」の違いは、まずは声を出すか出さないかがポイントです。

「拍手」は手を鳴らすだけですから、声を出すことはありません。

「喝采」は逆に、声を出したり手を鳴らしたり、とにかく賑やかであることが重要です。

他には、利用するシチュエーションにも違いがあります。

「拍手」はフォーマルなシーンでも使えますが、「喝采」は余り適していません。

特に式典では「拍手」をしますが、やんやの「喝采」を浴びせるのは、適さないケースが多いでしょう。

また、「拍手」は個人でも行えますが、単独で「喝采」するのは無理があります。

大多数の人が、やんやと褒め称えるのが「喝采」です。

このため、一人で手を叩いて大声を出していても、「喝采」と表現するのは好ましくありません。

まとめ

「拍手は」一人から多数の人間が、手を鳴らす行為です。

静かな「拍手」から、割れるような大音量まで色々な使い方があります。

対して「喝采」は多数の人間が手を叩いたり、声を挙げたりして賑やかに対象を褒め称えるのが特徴です。

拍手は基本的に、使える場面が多いですが、「喝采」はそうではありません。

相応しくない場面で大声を出すとマナー違反になるか、礼節を欠くことになるため、気を付けたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典