スポンサーリンク

「拡大」と「増大」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「拡大」と「増大」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「拡大」「増大」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「拡大」とは?

「拡大」とは、空間・面積・幅・規模・範囲などを大きくすることです。

また、広がって大きくなることです。

写真のことで考えてみます。

写真店で現像をしてもらうと、一般的には手のひらに乗るくらいの大きさの写真にしてくれます。

アルバムに収納するなら、これくらいの大きさがちょうどよいでしょう。

しかし、1枚の写真を壁に飾るときには、これでは小さすぎます。

写真店では写真を大きくするサービスを行っています。

A4サイズ、A3サイズなどにできるのです。

はがきサイズくらいだったものをA4サイズにするのは、もともとの幅よりも大きくしているといえます。

このように、面積・幅・範囲などを大きくすることを、この言葉は意味しています。

「拡大」の使い方

空間・面積・幅・規模・範囲などを大きくすることや、これらが大きくなることという意味で使用をします。

たとえば、写真を大きくする、虫眼鏡を使って大きく見えるようにするなどです。

これらは、何倍かに大きくしています。

何倍かに大きくすること以外にも使用できます。

たとえば、需要が増えることです。

これは何倍と表すことは難しいですが、規模が大きくなっているので「需要が拡大する」ということができます。

「増大」とは?

「増大」とは、数や量が多くなること。

また、多くすることです。

人口は数えることができます。

都道府県では毎月人口を計算しており、その数値を公表しています。

先月に比べて今月が多くなっていれば、「人口が増大した」といことができます。

人口は人という目に見えるものですが、目に見えないものが増えることについてもいいます。

たとえば、憎しみや不安です。

こういったものは目で見ることはできませんが、これらが増えることも意味しています。

数や量についていう言葉で、幅や範囲についてはいいません。

「増大」の使い方

数や量が多くなること、多くすることという意味で使用をします。

少なくなることではありません。

数や量について使用する言葉で、幅や程度などには使用しません。

「拡大」と「増大」の違い

大きくなる、大きくするという意味が似ていますが、何が大きくなるのか、何を大きくするのかという点が違います。

前者の言葉は空間・面積・幅・規模・範囲などについていい、後者の言葉は数や量についていいます。

「拡大」の例文

・『拡大したらはっきりと見えるようになった』
・『顧客層の拡大を目指す』
・『被害が拡大しないように対策をする』
・『規模を拡大して行われた』

「増大」の例文

・『人の数が増大した』
・『消費量が増大する』
・『需要の増大を目指す』
・『放水量が増大する』

まとめ

大きくなること、大きくすることという意味が似ている2つの言葉ですが、何が大きくなるのか、何を大きくするのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典