「指向」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「指向」

「指向」を上手に活用することで、文章力・語彙力があるといった印象を受けるようになります。

きちんと「指向」の意味を理解して自分でも活用できるようにしましょう。

「指向」の意味

ある目的に向かう方向性を自然と指示して、その方向へ向かせることになります。

ある方向に向かおうとしている様子をしっかり待つ意味も含んでいます。

ある目的が決まったらその目的をめざして向かう。

定まった方向に向かうなど。

物理的な方角や目的を表すときに「指向」を用います。

「指向」の言葉の使い方

「指向」は、よく使う言葉なので、言葉の意味もきちんと理解した使い方などもきちんと理解しておきましょう。

いくつか例文や解釈なども含めてご紹介します。

「指向」を使った例文・短文(解釈)

「指向」を使った例文と解釈を紹介します。

「指向」の例文1

「指向性が定まってきたので、そのまま突き進む」

進むべき方向性が定まり目標も定まったので、それに向けて進んでいく!といった意味も含んでいます。

物理的な方向・目的が決まったので、そのまま突き進むことが伝わってくるでしょう。

「指向」を用いることである方向・目的が決まってそれを目指して頑張る姿が目に見えるような文章の表現内容になっています。

「指向」の例文2

「輸出先として指向したので、これで安心できる」

取引先として輸出先が決まり、これで安心できるといった方向性が見えてきたのが伝わるでしょう。

物理的に輸出先がわかったことで、取引が今後も安定して行えると考えられますし、やはり仕事がスムーズに行うことは何より重要になります。



輸出先がある国に決まったことで、かなり安心している様子が伝わるのではないでしょうか。

こうした目的・方向性などわかる表現として「指向」を使っています。

「指向」の例文3

「探知機で調べていると発信源を指向する動きが出た」

探知機を使って調べている場合、発信源として方向性を示す動きが出たことが、この文章から伝わります。

発信源を探している様子や方向・目的・方角などわかったことが、何か目星がついたか、発信源がわかったことで何か対策することができる。

何か解決することができるかもしれません。

こうした方向を示す場合に適した「指向」です。

「指向」の例文4

「指向が定まったことで、出かけるのも安心だ」

行き先が決まったり、出かける方向が定まったことで安心してこれで出かけることができるといった様子が伝わるはずです。

この場合の「指向」は、物理的な目的や方向を指す意味があるので、出かける前に行き先も決まらず何も目的がないよい状態より、きちんと目標が定まり方向性なども決まると、スムーズに行動ができるので安心して出かけることができるといった意味も含めています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典