スポンサーリンク

「指導」と「育成」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「指導」と「育成」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「指導」「育成」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「指導」とは?

「指導」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「指導」「しどう」と読みます。

「指導」には、「ある目的や方向に向かい、教え導くこと」という意味があります。

例えば、演劇の演出家が、自分が演出をする舞台に出演する俳優を、自分が演じてもらいたい方向に教え導くことがあるかもしれません。

このような場合、「演出家が俳優を、舞台にふさわしい縁起ができるよう指導する」などという「指導」を使った文章にすることができます。

また、学校の先生が、不良の生徒を更生させたいと思い、良い生徒になるように教え導くことがあるかもしれません。

このような場合は、「先生が不良を指導する」という言葉にすることができます。

「育成」とは?

「育成」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「育成」「いくせい」と読みます。

「育成」には「育て上げること」という意味や、「育てて立派にすること」という意味があります。

「育てる」という言葉には、「手間をかけ、養い、成長させる」という意味や、「能力が伸びるように教え導く」という意味があります。

また「手をかけ、教え鍛えるなどして、一人前に通用するまでにする」という意味もあります。

例えば、柔道の指導者が、生徒をオリンピックに出場できるよう、育てて立派にしようする場合があります。

このような時、「柔道でオリンピックに出場できるよう、生徒を育成する」と表現することができます。

また、ゲームの世界でも「育成」という言葉が使われています。

例えば、アイドルの卵を、スターに育て上げるようなゲームは「育成ゲーム」と呼ばれています。

「指導」と「育成」の違い

「指導」「育成」の違いを、分かりやすく解説します。

「指導」には、「ある目的や方向に向かい、教え導くこと」という意味があります。

一方で、「育成」には「育て上げること」「育てて立派にすること」という意味があります。

例えば、「野球選手を指導する」というとき、努力の方向性を示したり、バッティングやピッチングの方法を教えたりするというニュアンスがあります。

「指導」という言葉を使う場合は、プロ野球のコーチなどの役割をイメージすることができます。

一方で、「野球選手を育成する」という場合は、もっと選手に対して深くコミットするというニュアンスがあります。

「育成」に含まれる「育てる」の意味である、「養う」「手をかける」という意味が表しているように、子育てをするような感覚があります。

食事を食べさせてあげるなど、金銭的な援助をしたり、自分の持っている有限な時間の多くの部分を割いて、全面的に面倒を見るという雰囲気がある言葉になります。

まとめ

「指導」「育成」の違いについて見てきました。

2つの言葉の意味には、大きな違いがありました。

意味を知ることで、2つの言葉を使いわけることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典