「指輪」と「リング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「指輪」と「リング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「指輪」「リング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「指輪」とは?

「指輪」の意味と概要について紹介します。

「指輪」の意味

「指輪」「ゆびわ」と読みます。

意味は「指につける輪の形状をしたアクセサリーのこと」です。

「指輪」の概要

「指輪」は、指にはめてつける、輪の形をしたアクセサリーのことを言います。

ファッションや趣味でつけることもあれば、特別な意味を表すこともあります。

例えば、「婚約指輪」「エンゲージリング」とも呼ばれ、男性が結婚を約束した女性に対して贈る「指輪」です。

一般的には、最も硬い鉱石と呼ばれ「永遠に輝き続ける」という意味のあるダイヤモンドが人気です。

「結婚指輪」「マリッジリング」とも呼ばれ、結婚した証明として夫婦でつける「指輪」です。

内側にイニシャルを刻み、周囲に対して既婚者であることをアピールする意味もあります。

「リング」とは?

「リング」の意味と概要について紹介します。

「リング」の意味

「リング」は、「輪の形をしている物全般」「指につけるアクセサリー」という意味です。

「リング」の概要

「リング」は、日本語として使う場合、以下の2つの意味があります。

1つ目は「輪の形をしている物を表す言葉」という意味で、丸くて中央に穴のあいたもののことです。

物の形やデザインを表す場合には「リング状」として使われます。

2つ目は「指につけるアクセサリー」、つまり「指輪」のことです。

ファッション用語で使う場合、上記で紹介した「婚約指輪」「結婚指輪」など、特別な「指輪」を表すことが多くなります。

因みに、英語で“ring”「輪」「指輪」という意味の他に「電話などのベルを鳴らす」「電話をかける」という意味があります。

「指輪」と「リング」の違い!

「指輪」「指につける輪の形状をしたアクセサリーのこと」です。

「リング」「輪の形をしている物全般」「指輪のこと」です。

まとめ

今回は「指輪」「リング」の違いをお伝えしました。

「指輪はアクセサリー」「リングはアクセサリーだけではなく輪状のもの全般」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典