スポンサーリンク

「按分」と「折半」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「按分」と「折半」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社でよく耳にする言葉の中には、今さら同僚に聞きにくいフレーズもあります。

この記事では、「按分」「折半」の違いを分かりやすく説明していきます。

ビジネス語を分かりやすく学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「按分」とは?

按分(あんぶん)とは、振り分けること。

ジャンルごとに、割り振ることです。

会社によってはこうした作業を、按分計算といっています。

おもに営業成績や予算の仕訳、支出の内訳をおこなうとき用いる言葉となります。

日常生活では、あまり目にしない按分の「按」

按は「あんずる」とも言いますが、何かを調べるという意味があります。

按分は「調べると分ける」から成り立つ熟語なので、物事を詳しく調査して区分けしていくことです。

使い方としては「営業チームごとに、月の売上を按分する」「ワクチンの在庫を、各自治体に必要な数で按分する」そして「税務署に提出するため、事業費と生活費を按分した」などがあります。

どの規準によって仕訳するかは、その都度変わっていきます。

「折半」とは?

折半(せっぱん)とは、2つに分けること。

公平に半分に、分け合うことです。

主にお金の支払いに対して、用いる言葉となります。

少しイメージが付きにくいのですが、折半とは「折って分けること」

目の前にあるお金を、まるで折り紙を折るように2つに分けることです。

似た言葉に「割り勘」がありますが、割り勘が3人以上など複数人で用いるのに対して「折半」は基本的には2人。

100円なら50円ずつ。

1万円なら5千円ずつ、公正に分け合うことです。

折半の使い方としては「ギャラを公平に折半する」「IOC委員会と東京都が、経費を折半する」「七五三の費用を、両家が折半した」などがあります。

二者の間で、同じ額のお金を支払うときに用います。

「按分」と「折半」の違い

どちらも分けるという意味合いがありますが、中身を知らないと判断が付きにくい言葉です。

「按分」「折半」の違いを、分かりやすく解説します。

・按分は仕分け、折半は半分ずつ
勘違いして使ってしまうことも多いのですが「按分」は、お金の仕分け作業のことです。

支店ごとに、役職ごとに、営業成績ごとに。

何を規準にして分けていくかは、その都度変わってきます。

条件に従って色々なカゴに、お金を振り分けていく作業が按分となります。

それに対して折半は、2人で分けること。

2者で公平にお金を、出し合うことです。

按分が慎重に選りわける仕事であるのに対して、折半は単純に2で割っていく作業です。

少しややこしい仕事が按分。

単純明快な作業が折半です。

まとめ

「按分」「折半」の違いを分かりやすくお伝えしました。

按分とは条件に従って、割り当てていくこと。

振り分けていく作業です。

また折半は、2つに分けること。

2人で公平に出し合うことです。

なんとなく似ている言葉に思えても、中身はまったく違っています。

紛らわしい熟語のひとつですが、配慮しながらビジネスの場で用いていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典