スポンサーリンク

「振る舞い」と「仕草」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「振る舞い」と「仕草」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「振る舞い」「仕草」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「振る舞い」とは?

「振る舞い」「ふるまい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「挙動や態度」という意味で、その人のすることのひとつひとつを言います。

2つ目は「ごちそうすること」という意味で、人に対して食事のおもてなしをすることを言います。

3つ目は「特定条件下での物の性質や作用」という意味で、ある環境下で物がどの様な動きをするかを言います。

上記に共通するのは「相手に影響を与える動き」という意味です。

「振る舞い」は、「振い舞う」という言葉が語源で、「鳥が羽を振って空を舞う様子」という意味です。

こから「動作や挙動」など、身体の動きを表す言葉として使われる様になりました。

「振る舞い」の使い方

「振る舞い」「挙動や態度」「ごちそうすること」「特定条件下での物の性質や作用」という意味で使われます。

名詞として「振る舞いをする・した」と使われたり、動詞として「振る舞う・振る舞った」と使われたり、副詞として「振る舞って」と使われたりします。

基本的に、相手に対して影響を与える動きに使われる言葉です。

「仕草」とは?

「仕草」「しぐさ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「何かをする時の、ちょっとした動作や身のこなし」という意味で、意識せずに現れる手足や体の動かし方のことを言います。

2つ目は「舞台上における演者の所作のこと」という意味で、演じている人の動作や表情のことを言います。

上記に共通するのは「ちょっとした体の動き」という意味です。

「仕」は動詞「する」の連用形の当て字、「草」「多くの種類の元になるもの」という意味、「仕草」「多くの種類の元としてすること」になります。

「仕草」の使い方

「仕草」「何かをする時の、ちょっとした動作や身のこなし」「舞台上における演者の所作のこと」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「仕草をする・した」と使われたり、副詞として「仕草をして」と使われたりします。

基本的に、その人の人となりを表す、ちょっとした体の動きに使われる言葉です。

「振る舞い」と「仕草」の違い

「振る舞い」「相手に対して影響を与える動き」という意味です。

「仕草」「その人の人となりを表す、ちょっとした体の動き」という意味です。

「振る舞い」の例文

・『会議での彼の振る舞い立派だった』
・『彼女はまるで女王の様に振る舞った』
・『お見合いの席では立ち居振る舞いに十分注意しなさい』
・『彼はギャンブルで設けたと言って大判振る舞いをしていた』

「仕草」の例文

・『彼女のちょっとした仕草が非常に魅力的だ』
・『彼のタバコを吸う仕草がたまらなくカッコいい』
・『彼はポケットの小銭を探る仕草をした』
・『彼女の髪を耳にかける仕草がかわいい』

まとめ

今回は「振る舞い」「仕草」について紹介しました。

「振る舞い」「態度や挙動」「仕草」「ちょっとした動き」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典