「掃除」と「清掃」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「掃除」と「清掃」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「掃除」「清掃」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「掃除」とは?

「掃除」の意味と使い方について紹介します。

「掃除」の意味

「掃除」「そうじ」と読みます。

意味は「目に見えるゴミやほこり、汚れなどを取り去ること」「社会の害悪などを取り除くこと」です。

「掃除」の使い方

「掃除」は、目に見えるゴミや、汚れがある場所をはいたりふいたりして、キレイにすることを言います。

一般的に身の回りに対して使われ、散らかっているものを片付けて、掃き掃除や掃除機がけをしたり、雑巾で汚れをふき取ることを表します。

自宅の玄関や居間、キッチンや階段、庭など、生活範囲に対しては「清掃」という言葉は不自然で、「掃除」が使われるのです。

また、上記の意味から転じて、「社会的に害悪となるものを成敗したり、排除すること」という意味で使われることもあります。

「清掃」とは?

「清掃」の意味と使い方について紹介します。

「清掃」の意味

「清掃」「せいそう」と読みます。

意味は、「ほこりやゴミなどを取り除き、衛生的な環境を整備して、人の健康や機器が正常に作動するのを守ること」です。

「清掃」の使い方

「清掃」は、ある場所や機器のほこりやゴミなどを取り除き、衛生的にすることで、人の健康を守ったり、機器が正常に作動する状態を維持することを言います。

通常専門の業者が、薬剤など使って、日用品では落とせない様な汚れを落としたり、見えない場所のほこりや汚れまで取り除く時に使います。

その様な業者は「清掃業者」と呼ばれ、「掃除業者」とは言わないのです。

マンションやオフィスなど、大掛かりな場所で、コンプレッサーなどの専用のマシンや器具を使います。

「掃除」と「清掃」の違い!

「掃除」「日常的なごみやほこりを取り除くこと」です。

「清掃」「専門業者が薬剤などを使用して、見えないところまできれいにすること」です。

まとめ

今回は「掃除」「清掃」の違いをお伝えしました。

「掃除は身の回り」「清掃は業者がするもの」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典