スポンサーリンク

「探険」と「冒険」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「探険」と「冒険」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、探検と冒険を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

探検とは?

探検とは、行ったこともない未知の地域へと自らが行き、そこを調べて探し出すことを意味しています。

この探検の目的は、目標を持って指示された物を探すために探検するか、目的もなく何かを探し出すためだけに赴き、掘り当てたものを明らかにするという意味合いがあります。

まだ行ったこともない場所は道もわからず、なにが待ち受けているかもわからないため危険が伴います。

危険を冒す要素が強く、探検するには勇気とチャレンジ精神が必要です。

踏み込んでの調査する、検査するという類義語があるように、現地を調査して、得たものを持ち帰り、研究する材料にすることもあります。

そして、まだ発見されていないもの、貴重価値が高いものは学会で発表することもあります。

冒険とは?

冒険とは、日常とかけ離れた状況において与えられた目的を達成するために危険を顧みず、突き進んで行くことを意味しています。

ときに稀有な出来事に出会うこともあり、危険も含みますが、その困難な状況でも後悔せずに行く様は「冒険心に溢れる行動」と例えられます。

しかし、たいてい成果を上げられない結果が待っていたり、恐ろしい者に出会い、悲惨な結末になってしまう現実とぶつかり、挫折してしまう者も出てくるわけです。

冒険には自然科学の発展を成し遂げるため、現地踏査して学術調査をしたり、まだ誰もやったことがないことに挑戦することも冒険と表現します。

このような要素が含まれているアトラクションやシミュレーションゲーム、アクションゲームが若者の心を掴んで離しません。

言葉の使い方としては、「冒険してみた」「冒険することが大切だ」と使われています。

何事もやってみないとわからないというとき、冒険こそが人として大事という意味になり、相手に「それは凄い」と驚かせ、感動してもらえるのです。

探検と冒険の違い

探検と冒険の違いを、分かりやすく解説します。

探り、調べることが目的の探検とは違い、冒険は危険なことにも進んでチャレンジしていき、その問題を克服するという違いがあります。

探検の例文

・1990年代には日本人が行ったことがない秘境を探検するドキュメント番組が多かった。

・日本では明治時代に探検旅行へ出かける人が出始めたと報道している。

30年前には秘境と呼ばれるアマゾンの奥地へ行き、アナコンダを見つける番組や、ネッシーを探すために湖に行く探検ドキュメントが多い時代でした。

また、日本で始めて海外に探検しに旅行するプランが出始めたのは明治時代でした。

この旅行に日本人が行ったことを報道しています。

冒険の例文

・ロールプレイングゲームには冒険要素が豊富に含まれているのが特徴的。

・ヒマラヤ山脈に挑む彼は冒険心に溢れている。

ロールプレイングゲームが長年若者に支持されている理由には、ドキドキハラハラする冒険要素が含まれているからです。

世界でも有数の高さを誇り、多くの登山家が頂上を目指して行くことで知られているヒマラヤに挑むその気持ちが素晴らしいと評価しています。

まとめ

自らが目的地へと赴き、調査する探検は、新しいものを発見できる喜びがあります。

一方、危険を顧みず、勇気を持って達成しようとする気持ちを叶えようとする気持ちが人々を感動させて離さない冒険。

どちらも成し遂げよう、達成しようとするその勇気とチャレンジ精神が素晴らしい行動を意味している言葉です。

家でも学校でも常に探検し、冒険する気持ちを持って行動してみることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典