スポンサーリンク

「措置制度」と「契約制度」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「措置制度」と「契約制度」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「措置制度」「契約制度」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「措置制度」とは?

「措置制度」とは、そちせいどという読み方をする言葉です。

漢字で書かれたこの言葉を目にすれば分かる様に、事態に応じ必要な手続きを取るとか解決をはかるために取り計らうといった意味がある措置に、社会における人間の行動等を制限するきまり等の意味を持つ制度の文字を加える事で成立している言葉となっています。

だからこそ措置制度は、福祉サービスを受ける用件を満たしているかを行政が判断し、措置という形で提供する制度です。

「措置制度」の使い方

「措置制度」は、行政が福祉サービスを提供すべきか否かを判断し、提供する際に用いられる言葉となっています。

なのでこの「措置制度」という言葉は、福祉サービスや介護といった問題に絡んで使われるのが基本です。

もっともかつては行政が主導で介護先等を決める、この「措置制度」が主流でしたが利用者の意向が尊重され難いという問題が生じたため、現在は児童施設の入所を除いて用いられなくなって来ています。

そのため、「措置制度」という言葉も児童施設が絡んだ時以外は、余り使用される事はないです。

「契約制度」とは?

「契約制度」とは、けいやくせいどという読み方をする言葉となっています。

漢字で表記されたこの言葉を見れば明確ですが、当事者間の意思表示の合致により成立する法律行為とか約束を交わすという意味を持つ契約に、持続的に社会で認められている仕組みや決まりを意味する制度という文字を付け足す事で誕生した言葉です。

お陰で契約制度とは、利用者が福祉サービス等の提供者との契約に基づいてサービスを利用する制度を表す言葉となっています。

「契約制度」の使い方

「契約制度」は、主に福祉や介護サービスを利用する際に使われる言葉です。

かつて福祉サービスの提供は行政が仕切っていましたが、利用者の意向が反映されないという問題点が指摘されました。

なので利用者自らが福祉サービスを選択して契約するという、この「契約制度」に移行したのです。

なので現在では、福祉や介護に関する話題が出た際に、この「契約制度」という言葉が使われる事が少なくありません。

「措置制度」と「契約制度」の違い

「措置制度」「契約制度」は文字を見比べれば分かる様に、措置と契約という言葉の違いがあるのです。

更に言葉の違いから表す意味合いも、違っています。

「措置制度」は行政が福祉サービスを受ける要件を満たしているかどうかを判断した上で、行政が施設を選んで福祉サービスを提供するという制度の事です。

ただし利用者の意思が反映され難いという問題点があった事から、現在は主に児童施設以外ではこの制度は用いられていません。

そして「契約制度」は、「措置制度」の問題点を改善する形で利用者が自ら福祉サービスの業者を選んで契約するという制度であり、現在主流になっている制度です。

「措置制度」の例文

・『かつて福祉サービスは、措置制度により利用者に提供されていました』

「契約制度」の例文

・『契約制度に移行した事で、利用者の意向に沿った福祉サービスの利用が可能になりました』

まとめ

2つの言葉を見比べれば、措置と契約という言葉の違いに直ぐに気付く事が出来ます。

しかも言葉が違う事で、持つ意味合いも違っているのです。

「措置制度」は、行政が施設を選ぶ等して福祉サービスを提供する制度で、かつて主流だった制度となっています。

ですが問題点も存在しており、現在では利用者が自ら介護サービス等を選んで利用するという「契約制度」が、主に用いられているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典