「揚げ出し豆腐」と「厚揚げ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「揚げ出し豆腐」と「厚揚げ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「揚げ出し豆腐」「厚揚げ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「揚げ出し豆腐」とは?

「揚げ出し豆腐(あげだしどうふ)」とは、「豆腐に片栗粉や小麦粉の衣をつけてから油で揚げ、ダシ汁・醤油などのつゆと薬味をかけた料理」のことを意味しています。

「揚げ出し豆腐」というのは、「豆腐を主な材料としてつくられた揚げ物の料理」のことなのです。

「揚げ出し豆腐」という料理は、「衣(小麦粉か片栗粉か)・つゆ・薬味(しょうが・ネギなど)」によって味が変わってきます。

「厚揚げ」とは?

「厚揚げ(あつあげ)」とは、「一丁あるいは半丁の厚みのある豆腐を、油で素揚げした食品」のことを意味しています。

「厚揚げ」というのは、自分(家庭)で調理してつくる「料理」ではなく、豆腐屋・スーパーなどであらかじめつくられて売られている「食品」なのです。

「厚揚げ」という食品は「豆腐を油で素揚げしただけのもの」なので、「豆腐の質・種類」以外では味は変わりません。

また、厚揚げに似た「油揚げ」というのは「薄めの豆腐を油で素揚げした食品」のことです。

「揚げ出し豆腐」と「厚揚げ」の違い!

「揚げ出し豆腐」「厚揚げ」の違いを、分かりやすく解説します。

「揚げ出し豆腐」「厚揚げ」「豆腐を油で揚げたもの」であるという点では同じなのですが、「揚げ出し豆腐」「調理工程のある料理」であり、「厚揚げ」「スーパーなどでそのまま売られている食品」であるという基本的な違いがあります。

どちらも油で揚げることで「茶色の外観」をしていますが、「揚げ出し豆腐」「揚げられた衣(小麦粉・片栗粉)の茶色」であり、「厚揚げ」のほうは「揚げられた豆腐そのものの茶色」であるという違いを指摘することができます。

「厚揚げ」という食品は「味噌汁・おでん・煮物」などのさまざまな料理に使われますが、「揚げ出し豆腐」という料理は「だし汁のつゆ」をかけてそのまま食べるという違いもあります。

まとめ

「揚げ出し豆腐」「厚揚げ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「揚げ出し豆腐」とは「豆腐に片栗粉や小麦粉の衣をつけて揚げ、ダシ汁などのつゆをかけた料理」を意味していて、「厚揚げ」「厚みのある豆腐を油で素揚げした食品」を意味している違いがあります。

「揚げ出し豆腐」「厚揚げ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典