「揮毫」と「筆耕」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「揮毫」と「筆耕」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「揮毫」「筆耕」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「揮毫」とは?

「揮毫(きごう)」とは、「毛筆で文字を書くこと・絵を描くこと」を意味している言葉です。

「揮毫」の表現には、「著名な人物(書道家・思想家・政治家など)が頼まれて書をかくこと」といった意味合いもあります。

例えば、「明治時代の政治家が揮毫した書です」「市長に揮毫をお願いされました」などの文章で使用できます。

「揮毫」「揮」には「(筆を)振るう」の意味があり、「毫」「毛筆・筆」を意味しています。

「筆耕」とは?

「筆耕(ひっこう)」とは、「文章の写字・清書によって報酬(対価)を得ること」「報酬を受け取るプロとして毛筆(実用書道)で文字を書くこと」を意味している言葉です。

「筆耕」という言葉には、「文筆によって生計を立てること」の意味もあります。

例えば、「祖父は筆耕の仕事をしていました」「賞状の文面を毛筆で書いてもらうため、筆耕を依頼しました」などの例文で使えます。

「揮毫」と「筆耕」の違い!

「揮毫」「筆耕」の違いを、分かりやすく解説します。

「揮毫」「筆耕」はどちらも「毛筆で文字を書くこと」を意味している言葉ですが、「揮毫」という言葉は「毛筆で文字あるいは絵をかくこと」を意味しています。

一方、「筆耕」には「絵を描くの意味はない」という違いがあります。

「揮毫」には「著名な書道家・思想家などが依頼を受けて書(文字)をかくこと」の意味がありますが、「筆耕」にはその意味はありません。

また「筆耕」の持っている「写字・清書で報酬を得ること」の意味合いは、「揮毫」にはないという違いも指摘できます。

まとめ

「揮毫」「筆耕」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「揮毫」とは「毛筆で文字を書くこと・絵を描くこと」「著名人・書道家などが頼まれて書をかくこと」を意味していて、「筆耕」「毛筆で文字(主に実用書道の文字)を書いて報酬を得ること」「文筆で生計を立てること」を意味している違いがあります。

「揮毫」「筆耕」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典