「摩耗」と「摩耗」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「摩耗」と「摩耗」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、 「摩耗」「磨耗」の違いを分かりやすく説明していきます。

「摩耗」とは?

「摩耗(まもう)」とは、「固い材質の道具・部品・機器などが、他の物質との摩擦によってすり減ること」を意味している言葉です。

「摩耗」という表現には、「自然な時間経過・経年劣化・風化によって、固い材質の部品や機械などが擦れてすり減る」という意味のニュアンスがあります。

「磨耗」とは?

「磨耗(まもう)」とは、「固い材質でできているモノが、他のモノとの摩擦によってすり減ること」を意味しています。

「磨耗」という言葉には、「固い部品・機械類などを意図的に磨いて(研いで)すり減らす」という意味のニュアンスもあります。

「磨耗」という表現は、「固い物質の表面部分が、摩擦や研磨によって喪失すること」の意味合いも持っています。

「摩耗」と「磨耗」の違い!

「摩耗」「磨耗」の違いを、分かりやすく解説します。

「摩耗」「磨耗」「固い物質同士がこすれ合ってすり減ること・自然な経年劣化で固い素材の物質がすり減ること」を意味している点では共通していますが、「摩耗」のほうが「磨耗」よりも「自然な経年劣化(時間経過)によって部品・機器などの表面がすり減る」という意味合いが強くなっている違いがあります。

摩耗に対して「磨耗」と漢字表記する時には、「磨く(みがく)・研ぐ(とぐ)という意図的にすり減らす」という意味のニュアンスが加わることがある違いも指摘できます。

「摩耗」「固い材質の部品・器具が自然に、他の物質との摩擦で擦れてすり減ること」を意味していますが、「磨耗」のほうは「固い材質のモノを磨いて意図的にすり減らすこと」「固いモノの表面が摩擦によって喪失すること」を意味している違いがあるのです。

まとめ

「摩耗」「磨耗」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「摩耗」とは「固い材質でつくられた部品・機器などが摩擦ですりへること」を意味していて、「磨耗」「固い材質でつくられたモノを摩擦ですりへらすこと・表面部分がこすれて喪失すること」を意味している違いがあります。

「摩耗」「磨耗」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典