「撤去」と「捨てる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「撤去」と「捨てる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「撤去」「捨てる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「撤去」とは?

「撤去(てっきょ)」とは、「建造物・施設・大きな物などを取り去ること、取り払うこと」を意味している言葉です。

「撤去」という表現は「一定以上の大きさがある建造物・物などを取り払うこと」を限定的に意味していて、「小さな物やゴミなどを捨てる」といった意味合いは持っていません。

例えば、「老朽化した公民館を撤去する運びとなりました」などの例文で使うことができます。

「捨てる」とは?

「捨てる(すてる)」とは、「不要になったものを手放すこと・放棄すること」「今まであった関係性を断ち切って見捨てること」を意味している言葉です。

また「捨てる」の表現は、「放置して見過ごすこと」「今まであった強い思い・熱意・希望などが無くなること」「欲望が多い俗世間から離れること」「乗り物から降りて先に進む」といった意味合いを持っています。

例えば、「プラごみは、捨てておけない環境問題です」「大きな失敗を経験した彼は希望を捨てました」「世を捨てて旅に出たのです」「車を捨てて山道を歩きました」などの文章で使うことが可能です。

「撤去」と「捨てる」の違い!

「撤去」「捨てる」の違いを、分かりやすく解説します。

「撤去」「捨てる」もどちらも、「物を手元や見えるところから無くすこと」という意味合いでは共通していますが、「撤去」という言葉は「建築物・施設・大型の物などを取り去ったり取り払ったりすること」を限定的に意味しています。

つまり、「撤去」「ある程度の大きさがある建造物や施設、物などを取り去る意味」を持っていますが、「捨てる」のほうは「必要でなくなったものを手元から放して所有権を放棄すること」を意味している違いがあります。

また「撤去」に対して「捨てる」という言葉は、たくさんの意味を持っている「多義語」であるという違いも指摘できます。

「捨てる」には「撤去」にない、「今まで関係があった相手を見捨てること」「持ち続けてきた熱意・思いなどを無くすこと」「俗世から離れること」などの意味合いがあるのです。

まとめ

「撤去」「捨てる」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「撤去」とは「建造物・物・施設などを取り去ること」を意味していて、「捨てる」「不要な物として手元から放すこと」「関係を断ち切って見捨てること」「俗世を離れること」などを意味している違いがあります。

「撤去」「捨てる」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典