スポンサーリンク

「改訂」と「更新」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「改訂」と「更新」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「改訂」「更新」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「改訂」とは?

「改訂」は、誤りがあり、内容を新しくまとめる必要性が生じた際、間違いや誤りを修正しようとすることを「改訂」と呼びます。

その為、誤りがない場合、何も対処することなくそのままの状態を維持しますが、誤りや間違いがある場合、それらを見つけ出し、修正を行うことを宣言すれば、「改訂」となるのです。

「改訂」の使い方

「改訂」は、間違っている個所、つまりはプログラムなどであれば不具合があるバグのみを洗い出し、修正しようと提言する場合に使用します。

あくまで提言であるため、実際に不具合が修繕できなくとも、「改訂」という言葉を使用すれば、不具合を修正することのみを誓うことができるのです。

「更新」とは?

「更新」は、すでにあるものを新しく上書きして機能拡張したり、不具合を修正することです。

「更新」は、利点と欠点があり、機能を拡張することも「更新」の一部であるため、拡張した機能が不具合を起こすことがあります。

それを再度、不具合だけを修正すれば、「改訂」となり、与えられた機能が正常に動作するよう機能を修正することになりますが、さらに、新しい機能を備え付けようとなった場合は、「更新」となるのです。

「更新」の使い方

「更新」は、機能の拡張及び不具合が修正された場合使用する言葉です。

逆を言えば、「更新」は、機能が不具合を起こしていても、プログラムなどの内容が書き換わっていれば「更新」扱いになり、実は機能の不具合が治っていようと治っていまいと関係なく、上書きにより、内容が書き換わっていれば「更新」という言葉を使用できるのです。

「改訂」と「更新」の違い

「改訂」はあくまで、問題がある場所のみを修正することにあり、「更新」のように機能拡張や、問題修正を行っていない点です。

その為、違いを上げるとすれば、問題が起きた際の修正法が異なり、「改訂」は問題がある部分のみを修正することであるに対し、更新は問題個所を修正したうえで機能拡張を施すという違いがあります。

「改訂」の例文

・『法律の一部を改訂する』
この例では、法律が一部現在のルールに適応されておらず、間違いであるが故修正をする必要性があるという例です。

改訂は、問題個所を修正することのみですので法律のように、今あるものを維持しつつ問題だけを解決する場合、改訂が望ましいです。

「更新」の例文

・『ゲームの更新データが配布された』
この例は、恐らくゲームに不具合や機能拡張を施す修正プログラムが配布されたことを示します。

更新は、不具合の習性と機能拡張を行うためゲームなどでよく用いられます。

まとめ

「改訂」「更新」は、問題が生じた際、解決法が異なる点です。

「改訂」はあくまで問題個所の習性で、「更新」は問題個所を修正したうえで新しく機能拡張することができる点にあります。

その為、ゲームでは、多くは、「更新」という言葉を使用するのは、プログラムが大きく上書きされているが故なのです。

無論、一部分だけ問題がある場所を修正した場合、ゲームでも、「改訂」という言葉を使用して問題がある場所の身を修正したとしますので「改訂」と、「更新」はゲームでも使用される言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典