スポンサーリンク

「敏腕プロデューサー」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「敏腕プロデューサー」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「敏腕プロデューサー」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「敏腕プロデューサー」とは?意味

「敏腕プロデューサー」は、正確に素早く判断することができる演出家のことで、すでに活動しているアイドルやこれから活動するであろうアイドルを素早く売り込むことに長けた演出家のことです。

「凄腕」というプロデューサーも存在しており、凄腕の方が、どうしようもなく活動が鈍っているアイドルを再度輝かせたり、純粋に売れないアイドルグループを再度復活させることができたりとこちらの方がより優れた人物であると言えます。

「敏腕プロデューサー」の概要

「敏腕プロデューサー」という言葉が定着したのは、アイドルマスターというテレビゲームやアプリゲームが言葉の定着に一役をかっており、ゲームのキャンペーンなどで、「敏腕プロデューサー」というキャンペーンを開催することで自分が育てているアイドルを優位に立たせることができるブースト効果が可能となることから、「敏腕」は、正確に素早く目標を達成させることであるとしています。

以前であれば、「凄腕」「歴戦」という言葉がプロデューサーに用いられる言葉でいずれの意味もアイドルを立て直すことができる人物やアイドルをヒットさせることを目的とした意味でしたが、現在では、いかにアイドルとして売り出すことができるかという速さを演出できる人物であるかどうかの方が重要視されているのが、「敏腕」という言葉になるのです。

「敏腕プロデューサー」の言葉の使い方や使われ方

「敏腕プロデューサー」という言葉の使い方は、速度を重視して、売れる見込みがあるアイドルを作れる人物に対して使用する言葉です。

逆を言えばプロデュース業をしている人物でないと該当しない言葉がこの言葉なのですが、現在では、テレビゲームやパソコンゲームなどでアイドルマネジメントを行うゲームが存在していることから、そうしたゲームでアイドルを即戦力にできる人物を「敏腕プロデューサー」と呼ぶこともあります。

「敏腕プロデューサー」の類語や言いかえ

「敏腕プロデューサー」の類語および言いかえですが、売れるアイドルを作り出すことであると仮定した場合、「凄腕プロデューサー」「歴戦のプロデューサー」という言葉で売れるアイドルを作り出すことができる演出家であるといいかえたり類語とすることが可能です。

まとめ

「敏腕プロデューサー」ですが、この演出家と言われる方は、速度を重視しており、早期に売れるアイドルを作り出すことに長けた人物です。

逆に時間をかけて売れるアイドルを作り出す演出家は、「凄腕」「歴戦」などの言葉でプロデューサーとして活躍している演出家の方々になります。

「敏腕」という言葉が使われだしたのはおそらく、課金で自分が育てているアイドルグループを売り出すことを主としたゲームアプリ群による影響が強く、以前は、「凄腕」「歴戦」がプロデューサーの呼び名の主でしたが、現在では速さを求めた「敏腕」という言葉も定着しているが故、「敏腕プロデューサー」という言葉は現在では広く浸透している言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典