スポンサーリンク

「教育」と「学習」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「教育」と「学習」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「教育」「学習」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「教育」とは?

「教育」(きょういく)は漢字の意味からもお分りのように「教えて育てる」ことを意味する言葉です。

もう少し詳しく説明すると、誰かの人間性や知性を育てるために、知識や技術を教え伝えることになります。

「教育実習」「教育ママ」「早期教育」「教育委員会」「モンテッソーリ教育」などのように、「教育」という言葉が含まれている言葉は実にたくさんあります。

自分の子供には良い教育を受けさたいという親は、有名幼稚園や小学校の合格させるために、子供を小さな頃から幼児教室や塾に通わせています。

このような親のことをひと昔前までは「教育ママ/パパ」と読んでいましたが、今ではよくある現象です。

また「小学校や中学校のお受験はさせない」という親が「教育に力を入れていない」と思われることさえある世の中になってきました。

しかし「教育」は学校や塾で勉強して知識を得るだけのことではありません。

「家庭教育」という言葉があるように、社会で生きるために必要な礼儀や習慣、つまり挨拶や、家の手伝いを教えることも立派な教育になります。

「学習」とは?

「学習」(がくしゅう)は、漢字が表すように「学び習う」という意味があります。

もう少し詳しく説明すると、知識や技術を身につけるために、勉強したり体験することになります。

「学習参考書」「英語学習」「学習問題」「体験学習」「学習法」と、「学習」を含む言葉はたくさんあります。

また人間だけではなく、動物にも「学習」という表現は使えます。

「獲物を捕るのを学習する」「群のおきてを学習する」など、生きるために必要なことを、体験を通して身につけていきます。

高齢化社会の現在は「人間死ぬまで学習」と、定年後から、外国語や楽器、または絵やスポーツなどの様々なことにチャレンジする。

学ぶ意欲を持つ方も増えてきました。

学校に通っている頃は「学習」に喜びを感じなかったけれど、高齢になって「学習」の楽しさを実感できたという人も少なくないようです。

「教育」と「学習」の違い

「教育」「学習」の違いを、分かりやすく解説します。

「教育」「学習」は同じような意味を持つ言葉だと考えられがちです。

しかし、「教育」は誰かに与えるものであり、「学習」は自分で行うものという大きな違いがあります。

「生徒を教育する」「先生に教育される」という表現はありますが、「生徒を学習する」「先生に学習される」とは言いません。

教育熱心な親の理想は、「子供が良い教育を与えてくれる学校に入り、なおかつ学習意欲に燃えている」でしょう。

ただし親だけがあまり熱を入れすぎると、子供の学習意欲が逆に低下するケースもあります。

まとめ

「教育」「学習」は、日常的によく使われている言葉です。

勉強が嫌いだという人には、ちょっと耳が痛い言葉かもしれません。

しかし人生を実り多いものにするためには、「教育」「学習」はどちらも欠かせないものなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典