スポンサーリンク

「教養」と「雑学」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「教養」と「雑学」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「教養」「雑学」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「教養」とは?

「教養」とは、簡単に言えば、一般常識、一般知識となります。

「教養」の場合、学校や社会生活において、必要な知識を親や周りの人、そして、学校などで学ぶことを指します。

そのため、「教養」は、社会生活において、持っておくべきものともいえるのです。

「教養」の使い方

「教養」の使い方としては、「教養をつける」といった場合、親などが子供に対し良い学校に進学させ勉強させるといった意味で使用されることが多くなります。

また、「教養を持つ人」の場合、高学歴な人を意味することが多く、「教養に欠ける」の場合、勉強ができない、一般知識がないといった意味となります。

そのほか、大学で使われることが多い「一般教養」の場合、専門分野の勉強ではなく、英語など一般的に必要とされる勉強を意味するものとなります。

「雑学」とは?

「雑学」とは、簡単に言えば、無駄知識です。

とは言っても、悪い意味ではなく良い意味での無駄知識となり、物知りといった意味として使用されることが多くなります。

決して、学校で学ぶことではなく、自分自身の努力で身に着ける知識となり、雑学のある人は、周りから一目置かれることも少なくありません。

「雑学」の場合、生きていくうえで必ず必要な知識ではないものの、持っていると生活の中で役に立てることもできる、そんな知識となっています。

「雑学」の使い方

「雑学」の使い方としては、例えば、クイズの分類として使用されることがあります。

一般常識の問題を取り扱うクイズの場合「一般常識クイズ」と分類されますが、「雑学」を取り扱うクイズの場合、「雑学クイズ」と分類されます。

また、相手を褒める言葉として使用されることも多く、「雑学王」といった呼び方も存在します。

「教養」と「雑学」の違い

「教養」は、生活していくうえで、必要な知識となり、「教養」の場合、親などの大人からや学校などで学び取得するものとなります。

一方、「雑学」の場合、決して、生活していくうえで必要な知識ではなく、あって損はない程度の知識となります。

「教養」の例文

・『教養は学校だけで身につくものではありません。本を読む、美術館で美術品を鑑賞することでも教養を身に着けることは可能です。』
・『もっと、教養を磨くため留学することを決意しました。』
・『彼は、教養のある人です。』

・『教養のなさがバレないよう、必死に相手に話を合わせた。』

「雑学」の例文

・『クイズに参加する貯め、雑学を必死に勉強した。』
・『雑学を話す男性は、知的でカッコ良く見えます。』
・『私は、雑学クイズが大好きです。』
・『父から面白い雑学を教えてもらいました。』

まとめ

以上が、「教養」「雑学」の違いです。

教養がある人が必ず雑学まで知っているとは限らず、反対に雑学を知っている人が教養があるとは限らない、そんな関係性のある「教養」「雑学」になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典