スポンサーリンク

「敬服の念に堪えない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「敬服の念に堪えない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「敬服の念に堪えない」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「敬服の念に堪えない」とは?意味

「敬服の念に堪えない」とは、いくつかの用語が組み合わさって成り立っています。

「敬服」とは「けいふく」と読み、人に対して感心して尊敬するという意味の言葉です。

「念」とは「ねん」と読み、仏教では心の動きの事をさしている言葉で、この場合自身の思いや気持ちを表しています。

「堪えない」とは「たえない」と読み、気持ちを抑える事が出来ない、感情が溢れるという意味を持ちます。

そのため「敬服の念に堪えない」は、「感心して尊敬の気持ちが溢れ出してくる」という意味となります。

「敬服の念に堪えない」の概要

「敬服の念に堪えない」とは、基本的に人に対して使われる言葉です。

その人に対して尊敬や感心などの気持ちが溢れ、抑えられない程になった際に、その気持ちを表現する場合に「敬服の念に堪えない」と表わします。

これには最大限の尊敬の気持ちが表れており、心の底から対象を感心している事を表しています。

このように、感心して尊敬する様子を最大現に表す言葉になるため、対象の人は普段から尊敬の気持ちを抱いている人が多くなるでしょう。

「敬服の念に堪えない」の言葉の使い方や使われ方

「敬服の念に堪えない」とは、人に対して尊敬の気持ちが溢れ、抑える事が出来なくなった時に使用される言葉です。

このため、自身の心を激しく揺さぶる程、感心して尊敬する気持ちが表れた際に使用するため、最大現の尊敬や感心する気持ちが表れています。

この「敬服の念に堪えない」には、ネガティブな意味は含まれません。

多用する言葉ではありませんが、尊敬する人の過去の言動に対して現在も継続して尊敬し続けている場合にも「敬服の念に堪えない」と表わす事ができます。

この場合に常にその人を尊敬やしているために、一言で「尊敬している」と表わすだけでは収まらないため「敬服の念に堪えない」という強い表現で気持ちを表しています。

「堪えない」と言う言葉の意味である、抑える事ができないという言葉が含まれているため、心の奥底からその気持ちが溢れて仕方がない場合に使われます。

「敬服の念に堪えない」を使った例文

・『私の父の行動は敬服の念に堪えない』
・『高校の恩師は、人の道から外れかけた私をなんとかして助け出してくれた。今でも敬服の念に堪えない』
・『どんなミスや失敗をしたとしても、常に解決方法を提示してくれたりアドバイスをくれる上司には敬服の念に堪えません』

まとめ

「敬服の念に堪えない」とは、人に対して感心して尊敬の気持ちがあふれ出して来る程の場合に使用される言葉です。

人は色々な人の助けを受けて生きており、その上で尊敬や感心するという感情は必ず起こります。

その際に言葉にあふれ出してしまうほどの気持ちになる事もあるでしょう。

その際に「敬服の念に堪えない」と使用されるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典