「文例」と「例文」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「文例」と「例文」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「文例」「例文」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「文例」とは?

「文例(ぶんれい)」とは、「いくつかの文を例示して、その中から選んで実際に使うための文」を意味している言葉です。

「文例」というのは、「スピーチ文例・電報文例・手紙文例集のように、実際にそのまま使うことを目的にした文章・用法の実例」を示しているのです。

「文例」「本日は足元が悪い中、御足労頂いて~」のように「スピーチ・講演などでそのまま使うことが前提」なので、「文例」の文章そのものには「オリジナル性」はほとんど求められません。

「例文」とは?

「例文(れいぶん)」とは、「ある言葉の意味・用法を分かりやすく説明するために考えた例えの文」を意味している言葉です。

「例文」というのは、「ある語句の意味・使い方を説明するために考えられた、ある程度のオリジナル性がある例えの文」なのです。

国語辞典には各言葉の説明に加えて、「例文」も挙げられています。

「例文」とは「その例示された文章を参考にして言葉の意味を適切に理解したり、別の文章を作成したりする目的で使われる例えの文」を示しています。

「文例」と「例文」の違い!

「文例」「例文」の違いを、分かりやすく解説します。

「文例」「例文」はどちらも「例として挙げた文」という意味合いではよく似ていますが、「文例」という言葉は「スピーチ文例のように、いくつかある例示された文の中から選んで実際に使用するための文」を意味しています。

「文例」に対して「例文」というのは、「ある言葉・語句の意味や用法を説明するために挙げた例え(たとえ)の文」を意味している違いがあります。

「文例」「例に挙げた文章をそのまま使うことが想定されている定形的な文」ですが、「例文」「例に挙げた文章を参考にして、その語句の意味を理解したり新たな文章を考えたりするための文(ある程度のオリジナル性がある文)」である違いを指摘できます。

まとめ

「文例」「例文」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「文例」とは「いくつかある例示された文の中から選んで実際に使うための文」を意味していて、「例文」「ある言葉の意味・用法を分かりやすく説明するための例えの文」「ある語句の意味を説明するために、ある程度のオリジナリティーがある例えの文」を意味している違いがあります。

「文例」「例文」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典