スポンサーリンク

「文脈を読み取る」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「文脈を読み取る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

文脈を読み取るというのは文章を読んでその文章1つ1つの流れや構造等からどのような事が書かれているかを理解しようとする意味の言葉です。

スポンサーリンク

「文脈を読み取る」の解説

文脈を読み取るという言葉は物語の流れやこれまでの話の展開等を踏まえてその文章にはどのような意味があるのかを読み解いていくという意味の言葉になります。

文章を読んだ時にその文章に書かれている内容からどのような事を言わんとしているかを読み解く行為が文脈を読み取るというものです。

これは1つの1つの文章からではなくそれぞれの文章の繋がりも意識して読むことでどのような事を言おうとしている文章かを読み解こうとするのが文脈を読み取るという意味になります。

これはあくまで文章に書かれている内容からどのようなものであるかを理解しようとするもので、文章に書かれていない者を勝手に想像して理解しようとするものではないです。

つまり文脈を読み取るというのはすべて文章に書かれている内容からどのような内容が書かれているかを理解する行為を指します。

細かい内容にまでしっかり目を通して総合的に見てその内容を理解するものです。

なので、文章を断片的ではなく細かい繋がりも意識して読み取らないといけないものとなります。

「文脈を読み取る」の使われ方

文脈を読み取るという言葉の使われ方ですが、基本的に話をきちんと理解してない人に対して使われる言葉です。

文脈を読み取る事ができていないために話の全体像が分かっておらず、誤解して話す人がいた時にきちんと文脈を読み取るように注意する時等に使われる事が多いのが特徴です。

また、自分がしっかり文章の文脈を読み取る事ができている事を誰かに伝えようとする時にもこの言葉を使う事があります。

この場合は自分はこんな難しい文章を読んでしっかりその内容を解析できたが、他の人はそうはいかないと誇示する時等に使われたりもします。

「文脈を読み取る」の例文

・『文脈を読み取る能力が優れている』
・『文脈を読み取る事ができれば簡単に理解できる』
・『文脈を読み取るのが苦手な人は結構多い』
・『しっかり文章を読んでいないから文脈を読み取る事ができていない』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典