スポンサーリンク

「文言」と「文章」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「文言」と「文章」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「文言」「文章」の違いを分かりやすく説明していきます。

「文言」の使い方

「文言」は文章のポイントとなる部分を指定して「文言」であると文中で言えば文章を強調したり、共感を得るポイントであると文章を見たものに教えるために使用します。

他にも、「4字熟語」のような短い文章の集まりも実は「文言」で身近な文章であるが文章からたくさんのことを理解したり、共感出来ることから「4字熟語」「文言」なのです。

つまり、「4字熟語」は、テクニックで文字を見ればおおよその物語を推測することができたった4つの文字でもおおよそ物語を構成することができるテクニックになります。

このテクニックをうまく生かせば、文字制限などがあるTwitterなどで情報を発信する際に少ない文字数でうまく内容を伝えることができるのです。

スポンサーリンク

「文章」とは?

「文章」は、文字の羅列で人間が理解できる言葉の集まりです。

つまり、人間が理解できない場合、単語という言葉に変化するのが「文章」です。

その為、平仮名と感じで『文章」が構成されていたと仮定した場合、平仮名しか読めない人物からすれば平仮名だけを読んで書かれている文字の内容が理解できれば、一応「文章」、理解できないと「単語」「文字」です。

つまり、文章は絶対に理解できる文字の集まりでなければいけません。

これが、理解できない文字の集まりであると仮定した場合、「単語」になりますが、この「単語」も実は文字を見るものが理解できなければ、成立せず、こうなるともはや、「文章」「単語」という言葉ですら成立しなくなるのです。

「文章」の使い方

「文章」の使い方ですが、人間は単語でぶつ切りで起きた事情を説明するよりも、単語を続けて書き一つの文字のまとまりである「文章」で説明したほうが理解できますので、「文章」を使用するのは相手に文字の羅列を理解してもらうために使用します。

「文言」と「文章」の違い

「文言」は、「文章」を強調したり、あえて「文章」により理解を深めてもらい同調してもらうようにする一つのテクニックになり単なるテクニックであると言えます。

一方「文章」は、テクニックなどは関係なく、見るものが理解できる文字の羅列でなければならないのです。

そのため、違いを上げるとすれば、「文章」は理解してもらえなければ成立せず、「文言」は実は理解や文字に同調したりしてもらう必要性はないという違いがあります。

何故なら、「文言」と呼ばれるものは人が共感したり、文章で物事を表現するテクニック群は文を見る者のとらえ方が見るもの個人によって異なるため理解を得られないことがあるためです。

理解を得られなければ、その文は、単に、「文章」やそれ以下の「単語」であるかさらにはそれ以下の文字らしきものであるとなります。

まとめ

「文言」「文章」の違いは、書かれている文字の集まりを完全に理解してもらう必要性があるかどうかです。

その為、「文章」は書かれている内容が理解できない場合、単なる「文字」「単語」の集まりでしかないです。

一方「文言」は単に「文章」をよく魅せようとするテクニックになり一種の「文章」の表現法です。

その為、実は、「文言」は対象となる閲覧者が理解できない内容であっても一応成立するという違いがあります。

何故ならテクニックで感じ取る内容や作者の思いのようなものは受け手となる読み手によって異なるが故、別に作者の思いや文中のテクニックなんかは閲覧者側は別に共感する必要性が無いため理解せずとも一応書かれている「文章」の内容は理解できるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典