「斧」と「鉈」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「斧」と「鉈」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「斧」「鉈」は、どちらも道具です。

この記事では、「斧」「鉈」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「斧」とは?

「斧」は刃物の一種です。

柄の先に厚く重たい刃が取り付けられています。

「斧」は日本では旧石器時代から使用されていました。

この時代には刃物部分が石で作られている「石斧」が登場しちえます。

鉄器製造技術の向上に伴い、刃物が鉄で作られるようになります。

「斧」の使用用途は木材の伐採、武器などです。

「斧」という漢字は、「斤」「父」から成り立っています。

「斤」にはまさかり、「父」には一族を取り締まるものという意味があります。

「鉈」とは?

「鉈」は刃物の一種です。

柄の先端に刃が取り付けられています。

日本では、斧、包丁、鎌、刀剣以外の大型刃物を「鉈」と総称することがあります。

柄に対して刃がやや内側向きに取り付けられており、刃渡りは15cmから60cmと幅があります。

片手持ちに適しており、林業や狩猟などで使用されています。

「斧」と「鉈」の違い

「斧」「鉈」も刃物ですが、この2つには違いがあります。

まず、片手持ちなのか、両手持ちなのかという点で違います。

「斧」は片手持ちにも両手持ちにも対応していますが、「鉈」は片手持ちに適しています。

刃の形状にも違いがあります。

「斧」は柄に対して横方向に刃が出ていますが、「鉈」は柄に対して縦方向に刃が出ています。

まとめ

「斧」「鉈」では、持ち方、刃の形状などに違いがあります。

これらの違いを踏まえて使用されている道具です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典