スポンサーリンク

「断固」と「断然」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「断固」と「断然」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日常会話の中で、ちょっとした物言いに悩むことがあります。

この記事では、「断固」「断然」の違いを分かりやすく説明していきます。

中身の違いをただしく学習して、いつもの生活に活かしていきましょう。

スポンサーリンク

「断固」とは?

断固とは何が起きても揺るがない、堂々とした態度のこと。

自分の意思がはっきりしていて、周りの空気に左右されない様子をあらわしています。

腹をくくって、どっしり座っている。

揺らぎのないイメージの熟語になります。

断固は「断じて固める」と書きます。

この場合の「固める」には、身を固めるという意味があります。

もう自分の立場や意見は固めたので、周囲がどんな言葉をかけようと、変化することはないという意味です。

決心がついたり、覚悟を決めたりする状態です。

「断固」は心に固く誓った態度のことなので「断固として反対する」「断固として拒否する」などの、対抗する言葉とセットで用います。

断固として賛成するとは言わないので、使い方に気を付けておきましょう。

「断然」とは?

断然とは何かトラブルが起きても、屈することなく最後までやり遂げる態度のこと。

初志貫徹といった具合に、最初に心に決めたことをゴールまで押し通すことを指しています。

また自分の意見を周囲につたえるという意味もあります。

断然は「断じて然り」と書きます。

「然り」にはその通りだという意味があります。

つまり断然には「疑いようもなく、その通りだよね」というニュアンスも含まれているのです。

そのため2つ以上の物を比べたとき、段違いに優秀だと思ったときに「断然」を使うこともあります。

断然の使い方としては「紅組の方が、断然勝っているよね」「断然、こっちの髪型の方がかわいいよね」「チームで断然人気がある」などがあります。

誉め言葉として使われることが多い、明るい用語です。

「断固」と「断然」の違い

どちらも「断じて」という漢字が入っているので、勘違いして覚えてしまうこともあります。

「断固」「断然」の違いを、分かりやすく解説します。

あらためて言葉の差異を、マスターしていきましょう。

・反対は断固、賛成は断然
どちらも自分の意見を、押し通したいときに用いる言葉です。

ただ少しだけニュアンスが変わっていて「断固」の場合は反対するとき。

「断然」の場合は賛成するとき・同意したいときに使われることが多いです。

そのため何か大きな勢力や、意見に歯向かいたいときは「断固」を。

周りよりもずば抜けて良く、よいしょしたい場合は「断然」をえらんでいきます。

文句を言いたいなら断固、おだてたいなら断然です。

まとめ

日常生活でもよく耳にする「断固」「断然」の違いをお伝えしました。

断という漢字には、心を決めるという意味があります。

そのため両方とも、きっぱり気持ちを定めたときに用いる言葉です。

断固は反対したいとき、断然は比較して一方を褒めたいときに使用していきます。

違いを抑えると、会話が楽しくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典