スポンサーリンク

「新品」と「未開封」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「新品」と「未開封」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「新品」「未開封」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「新品」とは?

製造から消費者に渡ってその間、一度も利用されず、別の消費者に渡っていない製品を指します。

一般的な家電量販店やスーパー、デパートにある品物は展示品を除いて新品と言えるでしょう。

訳アリ品は傷が入っていたり、箱などに痛みがあるものもありますが中古品ではなく新品です。

オーダーメイド商品に関しても誰の手にも渡っていないものは新品になります。

インターネット通販においても新品の定義は同じですが、サイトによっては中古販売も同時に行われるため区別のため商品のタイトルや紹介文に「新品」とつけられます。

アウトレットは型落ち製品などを指し、現行の最新製品ではありませんが新品となります。

一方、中古品販売店においては新品同様というケースがありますが別の消費者の手に渡っている時点で新品という定義ではなくなり、新品同様や未使用などの定義付けをすることがあります。

古本チェーン店では新品の本と中古の本を扱っているケースがありますが、価格の違いだけでなく、棚を変えるなどして判別ができるようにしています。

「未開封」とは?

商品のパッケージや梱包を開けていない状態を指し、中古品という範疇にはありますが、ゲームソフトで例えれば遊んでいない状態となり、箱、説明書付きよりも状態が新品に近いものとなります。

家電で言えば通電してない品物となるため展示品以上に新品に近い状態とも言えます。

ただし、中古品販売店では未開封と新品は区別されていることと、未開封製品の実数がそれほど多くないことで混乱はしないでしょう。

新品を販売する概念がない個人間のオークションサイトにおいて買う側にとって最も状態が良いものが未開封製品と言えます。

食品の賞味期限の概念は開封前に適用され、開封後はできるだけ早く消費することが推奨されています。

電子メールでは未読メールを未開封ということがあります。

件名や発信者を確認した時点で消去自体は可能で開封したメールとの操作に関わる差はありません。

「新品」と「未開封」の違い

「新品」「未開封」の違いを、分かりやすく解説します。

「新品」「未開封」は品物の観点で見た場合非常に近い状態ですが、未開封は一度別の消費者の手に渡ってパッケージを開けること無く中古販売店などに売ったりネットオークションに出したもの、新品は一度も他の消費者の手に渡っていない品物となります。

パソコンなど展示品であれば未開封のほうが状態が良いということが出来ます。

食料品は未開封を新品ととらえることも出来ますが、未開封だからといってパッケージに表記されている賞味期限が延びることはなく、開封した時点で記載された賞味期限よりも早めに食べることが推奨されます。

まとめ

「新品」「未開封」はオークションなどの中古販売においてより定義がはっきりする言葉で、量販店やスーパーでは基本的に新品のみが取り扱われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典