「新幹線」と「jr」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「新幹線」と「jr」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「新幹線」「jr」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「新幹線」とは?

「新幹線(しんかんせん)」とは、「1964年10月の東海道新幹線から運行が始まった、JRグループ各社が運営している最高時速320キロで走行可能な日本の高速鉄道」のことです。

全国新幹線鉄道整備法では、「新幹線」「その主たる区間を列車が200キロメートル毎時以上の高速度で走行できる幹線鉄道」と定義しています。

「新幹線」の営業路線には、「北海道新幹線・東北新幹線・上越新幹線・北陸新幹線・東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線」があります。

「jr」とは?

「jr(じぇいあーる)」とは、「1987年4月の日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化で発足した12の会社から構成される民間の鉄道運輸会社やその企業グループ」のことです。

主要な鉄道会社としての「jr」には、「JR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州・JR貨物」があります。

さらに「jr」の企業グループには、「6つの旅客事業会社(ホテル事業含む)・1つの貨物事業会社・鉄道研究機関(公益財団法人)・コンピュータシステム会社」などがあります。

「新幹線」と「jr」の違い!

「新幹線」「jr」の違いを、分かりやすく解説します。

「新幹線」「jr」はどちらも「鉄道・列車に関連する言葉」ですが、「新幹線」というのは「1964年に東海道新幹線で運行がスタートした、JRグループ各社が運営している流線型のボディを持った高速鉄道の列車」を意味していて、「jr」のほうは「1987年4月に日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化により発足した12の会社から構成される民間の鉄道運輸会社」を意味している違いがあります。

「新幹線」とは「主要区間を時速200キロ以上の高速度で走行できる幹線鉄道・列車」のことであり、「jr」のほうは「その新幹線を管理・運営している鉄道運輸会社やそのグループ」のことなのです。

まとめ

「新幹線」「jr」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「新幹線」とは「1964年10月の東海道新幹線から始まったJRグループ各社が運営している、主要区間を時速200キロ以上で走行可能な日本の高速鉄道」を意味していて、「jr」「日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化により発足した12の会社から構成される民間の鉄道運輸会社」を意味している違いがあります。

「新幹線」「jr」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典