スポンサーリンク

「新手の手口」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「新手の手口」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「新手の手口」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「新手の手口」とは?意味

「新手の手口」は、新しい方法や手段のことを指し、良い意味でも悪い意味でも方法や手段のことを指します。

よって、良い意味であれば、「ビジネススタイルに新手の手口を設ける」と呼び、ビジネスのスタイルに新しい物を付与したと言えます。

ですが、悪い意味においては、詐欺の方法だったり犯罪行為のことを「新手の手口」と呼ぶことが多いです。

「新手の手口」の概要

「新手の手口」は、手口という物がビジネスの方法のことを指すため、良い意味でも悪い意味でもビジネスに関係することでなければいけません。

よって、ビジネスに関係がないことを手口と呼ぶのは間違いです。

なお、詐欺はビジネスなのかという問題が生じますが、これは詐欺も一応ビジネスモデルが存在しており、対象を騙すことで収益を得るということから褒められたことではありませんが、ビジネスです。

「新手の手口」の言葉の使い方や使われ方

「新手の手口」は、大半が犯罪行為のことを指す言葉として使用されており、使用例においては騙そうとしている手口について解説する際、「新手の手口」は何であるかを解説するために使用します。

「新手の手口」を使った例文

・『ネット通販事業にて新手の手口を確立する』
この例は、手口というビジネススタイルを確立するという言葉を良い方向にとらえている例です。

「新手の手口」は、新しくビジネススタイルを構築することを意味しこの例は犯罪行為ではなく、ビジネススタイルの構築においてのみ重点を置いています。

・『オレオレ詐欺の新手の手口が見つかっている』
この例は、孫や息子を装う詐欺に新しい方法が見つかっているという例です。

こちらは、ビジネススタイルの確立を悪い方向にとらえた例で、犯罪行為によって犯罪者側が有益となるビジネスの確率行為を指しています。

なお、最近はこちらの犯罪者側が有益になる行動=新手の手口であるという認識になっており、本来の健全なビジネススタイルの構築を「新手の手口」とは呼ばなくなりつつあるのがこの例です。

まとめ

「新手の手口」については、元々は犯罪行為ではなく、健全なるビジネススタイルを確立することを「新手の手口」と呼んでいたのですが、時代が進むにつれ一方的な犯罪行為による利益の搾取という考えにシフトし、現在では「新手の手口」は犯罪行為の方法そのものを指す言葉に成り下がりました。

よって多くの方が「新手の手口」と聞くと犯罪であると考えるのは、手口というビジネススタイルを確立するという方法が詐欺という社会問題に置き換わっているが故です。

その為、この言葉は、詐欺以外考えられない、もしくは詐欺であることが決定しているビジネスにおいてどういった方法で詐欺を行っているかを示す前置きの言葉になります。

前置きの言葉ですので、「新手の手口は、○○です」と文章が続くことで犯罪行為の方法を知ることができるのがこの言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典