「新聞記者」と「マスコミ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「新聞記者」と「マスコミ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「新聞記者」「マスコミ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「新聞記者」とは?

「新聞記者」の意味と概要について紹介します。

「新聞記者」の意味

「新聞記者」「しんぶんきしゃ」と読みます。

意味は、「新聞社に勤務して、政治経済、国際情勢、社会問題などにいて取材したり、編集したりして記事を作る仕事をする人のこと」です。

「新聞記者」の概要

「新聞記者」は、新聞社に勤務して、政治や経済、国際情勢や社会問題など、様々なことについて取材を行い記事に編集して紙面に掲載して、広く一般に情報を広める仕事をする人のことを言います。

「新聞記者」には「取材記者」「写真記者」「編集記者」などがあり、「取材記者」「写真記者」などが現地に出向いて情報を入手します。

「新聞記者」は下で紹介する「マスコミ」の一部に含まれ、広く大衆に向けて情報を伝達する仕事です。

「マスコミ」とは?

「マスコミ」の意味と概要について紹介します。

「マスコミ」の意味

「マスコミ」は、「新聞・雑誌・テレビ・ラジオなど、メディアを利用して、不特定多数の人に情報を伝達すること」という意味です。

「マスコミ」の概要

「マスコミ」「マス・コミュニケーション」の略で、日本語では「大衆伝達」と言います。

新聞・テレビ・ラジオ・雑誌など、不特定多数の人々を対象にした媒体により、大量の情報を伝達する企業や団体に対して使われます。

「マスコミで評判」は、毎日テレビや新聞、ラジオなどで話題になっているものごとに対して使われます。

最近ではインターネット上の記事や動画サイトも「マスコミ」に含まれる場合もあります。

「新聞記者」と「マスコミ」の違い!

「新聞記者」「新聞社に勤務して取材したり、編集したりして記事を作る仕事をする人のこと」です。

「マスコミ」「メディアを利用して、不特定多数の人に情報を伝達すること」です。

まとめ

今回は「新聞記者」「マスコミ」の違いをお伝えしました。

「新聞記者はマスコミの一部」「マスコミは大衆伝達」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典