スポンサーリンク

「既往歴」と「現病歴」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「既往歴」と「現病歴」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どちらも病院でよく聞く言葉ですが、「既往歴」「現病歴」の違いを知っていますか。

この記事では、「既往歴」「現病歴」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「既往歴」とは?

「既往歴」とは、これまでにかかったことがある病気のことです。

「既往」には、過去、すんでしまった事柄という意味があります。

「既」は、すでに、物事がすんでしまったことを意味する漢字です。

病院や調剤薬局で「既往歴」を尋ねられますが、これは現在の病気の診断や治療法の判断の手がかりになるためや、体質を判断するためです。

病気のことだけでなく、薬の副作用、アレルギー、交通事故なども「既往歴」に含まれます。

「現病歴」とは?

「現病歴」とは、今の病気のことです。

今の病気が、いつ、どのように始まったのか、どのような経過をたどっているのかという情報です。

「現」には、あらわれる、いまの、うつつという意味があります。

「既往歴」と「現病歴」の違い

「既往歴」「現病歴」はどちらも病気に関しての言葉ですが、2つの言葉には違いがあります。

「既往歴」は過去の病気のこと、「現病歴」は現在の病気のことです。

今よりも前のことなのか、今のことなのかという点で違いがあります。

まとめ

「既往歴」「現病歴」は、どちらも病院でよく聞く言葉ですが、過去のことなのか、現在のことなのかという点で意味が異なる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典