「日当」と「手当」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「日当」と「手当」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日当」「手当」の違いを分かりやすく説明していきます。

「日当」とは?

「日当(にっとう)」とは、「会社員・公務員などのサラリーマンが仕事で出張する際に支払われる一日あたりの費用・出張手当」のことを意味する言葉です。

「日当」という用語は、「サラリーマンが出張した時にかかった必要経費を補填するための一日あたりの非課税の費用・手当」を意味しているのです。

「日当」には、「宿泊費・交通費を含む出張費用全体の経費を補填する手当」「宿泊費・交通費以外の生活費部分にあたる出張費用を補填する手当」の二通りの解釈があります。

「手当」とは?

「手当(てあて)」とは、「サラリーマンの給与において基本の給料(=基本給)以外に、諸費用として支払われる賃金」のことを意味する言葉です。

「手当」と呼ばれる基本給の他に支払われる賃金には、「扶養手当・地域手当・住居手当・通勤手当・資格手当・役職手当・時間外手当(残業手当)・出張手当」などのさまざまな種類の手当があります。

「日当」と「手当」の違い!

「日当」「手当」の違いを、分かりやすく解説します。

「日当」「手当」「サラリーマンが基本給以外に、諸費用として受け取ることができる賃金」を意味している点では同じですが、「日当」というのは「手当の一種」であるという違いを指摘できます。

「日当」というのは「会社・役所などに雇用されるサラリーマンが出張した時に、出張にかかった必要経費を補填するための一日当たりの費用・手当」のことで、「出張手当・旅費手当」として解釈することができます。

基本給以外に受け取ることができる賃金すべてを意味する「手当」には、「扶養手当・地域手当・住居手当・通勤手当・資格手当・役職手当」などのいろいろな種別がありますが、「日当(出張手当・旅費手当)」はそれらの「手当」のうちの一つなのです。

まとめ

「日当」「手当」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「日当」とは「会社・役所などに雇用されているサラリーマンが出張した時に、出張にかかった必要経費を補填するための一日当たりの費用・手当」を意味していて、「手当」「給与において基本給以外に諸費用として支払われる賃金」を意味している違いがあります。

「日当」「手当」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典