スポンサーリンク

「日銭商売」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「日銭商売」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日銭商売」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「日銭商売」の意味

毎日の売上が収入として得られるビジネス。

「日銭商売」の解説

「日銭商売」「ひぜにしょうばい」と読みます。

意味は「毎日の売上が収入として得られるビジネスのこと」です。

サラリーマンの様に、毎月決まった日に給与が振り込まれるのではなく、その日の売上が直接現金収入として手元に入る商売のことです。

「日銭商売」で代表的なビジネスに、飲食店があります。

毎日の集客数に応じた売上金額が、基本的に現金で手に入るので、堅実に稼げれば安定した収入が期待できます。

売上金を常に口座に入金しておけば、それだけ銀行からの信頼も得られる様になります。

「日銭商売」の使われ方

「日銭商売」は、飲食店などその日の売上を直接現金で得られるビジネスに対して使われます。

「脱サラして日銭商売を始めたい」「日銭商売は休日が取れない」など言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典