スポンサーリンク

「早い」と「素早い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「早い」と「素早い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「早い」「素早い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「早い」とは?

「早い」は(はや(い))と読みます。

毎日の生活で頻繁に使用する言葉です。

「ご飯を食べるのが早い」「明日は朝早い時間から仕事だ」「今月は締め切りが早い」など色々な場面でこの言葉を耳にします。

「早い」の意味ですが、「時間が短いこと」「ある基準と比較して時間があまり過ぎていないこと」「ある基準より時期が前だと言うこと」人ります。

また「簡単だ」と言う意味で使うこともあります。

例を挙げると「お店の人に聞いた方が早いよ」です。

これはお店の人に聞いた方が簡単だ、手っ取り早いとの意味になります。

「早い」の使い方

「〜が早い」との表現の他には、名詞と一緒に「早い電車」「早い時間」、また「早く」と動詞を組み合わせて「早く食べる」「早く出かける」のように使います。

「素早い」とは?

「素早い」は(すばや(い))と読みます。

これは動作や行動が敏速であること、頭の回転が早いことを表現する言葉です。

「素早い対応」「動きが素早い」などのように、よく耳にする言葉です。

同じような意味を持つ言葉に「すばしこい」「手早い」「スピーティー」「敏速」などがあります。

ポジティブな意味を含む言葉で、第三者が褒めたり感心したりした時この言葉を使います。

「素早い」と反対の意味を持つ言葉には「鈍臭い」「のろい」「鈍い」などがあります。

英語で表現する時には“quick”“fast”“prompt”“agile”“swift”などを使います。

「素早い」の使い方

「素早い」「素速い」と書くこともあります。

「素速い判断」などのようにポジティブな意味で使うことが多い言葉です。

しかし似たような意味を持つ「すばしこい」になると、抜け目がないと言うニュアンスもあるので、場合によっては褒めていることにはなりません。

「早い」と「素早い」の違い

「早い」「素早い」は似たような意味を持つ言葉です。

しかし「早い」は時間的なことを表現するのに対して、「素早い」は動作や頭の良さを表現する言葉です。

「早い対応」「素早い対応」では、明らかに「素早い対応」の方が良い対応になります。

「早い」の例文

・『明日は朝早いから、今夜はこのくらいにしておくよ』

・『スマホを買い与えるのは、小学生にはまだ早いと思います』

・『早い時期から独立することを目標にして頑張ってきました』

・『忙しくしているので、時間が過ぎるのが早いよ』

「素早い」の例文

・『彼は素早く落ちていたお財布を拾い上げてポケットに入れた』

・『素早い対応のおかげで、大惨事にならずにすんだ』

・『難しい問題だったけれど、部長の素早い判断でピンチを乗り切った』

・『彼女はお金のことになると素早い』

まとめ

「早い」「素早い」は同じ「早い」と言う漢字が使われていても意味が違います。

「早い」は時間的なことを表すのに対して、「素早い」は動作の機敏性や頭の回転の良さを評価していることを表します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典