「早急なご対応」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「早急なご対応」

「早急なご対応」とは上司や取引先などのビジネスの相手に、急ぎの対応をお願いする時に使われます。

「早急」の意味は、非常に急ぐこと。

「対応」の意味は、周囲の状況などに合わせて物事をすること。

予期しないことが起こったとき、誠に申し訳ありませんが「早急なご対応をお願いします」と、相手に丁寧な依頼をする表現として使われます。

「早急なご対応」の意味

何かの事態が切迫していて、現場等の人手を伴う作業を急ぎでお願いする時に使われます。

こちらにとって突然の事態なら、相手も同じです。

その場合、「早急なご対応をお願いします」だけでは、伝わりにくいので、「申し訳ありませんが」とお願いする気持ちを表す言葉を付け加えると、相手も快く応じられることでしょう。

「早急なご対応」の言葉の使い方

「早急なご対応」と、指示や命令に近いニュアンスを持つ「対応」に尊敬語の「ご」をつけてメールのビジネス文章で使われることがよくあります。

「対応していただきたい」を丁寧にした言い回しを、「早急なご対応をお願いします」とするより、「早急なご対応をお願いします」の前に「申し訳ありませんが」をつけると、メールを受けとる相手が「突然、大急ぎの用事を持ち込まれた」と迷惑に思わず快く協力してくれるでしょう。

「早急なご対応」を使った例文・短文(解釈)

「早急なご対応」という言葉を使った例文を紹介します。

「早急なご対応」の例文1

「早急のご対応に深く感謝いたします」

後日、対応頂いた案件について謝意を伝えたいとき、このように手短に伝えると効果的です。

「早急なご対応」の例文2

「報告書の作成を、早急にご対応くださいますようお願いいたします」

大急ぎの用事ではないが、早めに提出をお願いしたいときは、このように伝えると効果的です。

「早急」の類語と解釈

「早急」という言葉の類語と解釈を紹介します。

「早速」

すみやかなこと、すぐ行うこと、すぐに、を意味します。

文章の最初につけるケースが多いです。

使用例としては「早速お返事をいただき〜」「早速ですが〜」などです。

「早々」

はやばや、そうそうの2つの読み方があります。

自分自身や目下の人、友人知人などに使うフランクな表現です。

使用例としては「新年早々、仕事が忙しくなった」「彼は入社早々、札幌に転勤になってしまった」などです。

「迅速」

物事の進捗や行動が速いことを意味します。

自分の行動だけでなく、相手の行動にも使えるので、ネット取引用語でよく使われます。

使用例としては「迅速なお取引に感謝いたします」「迅速なご対応ありがとうございます」などです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典