スポンサーリンク

「早速」と「直ちに」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「早速」と「直ちに」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「早速」「直ちに」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方を把握して、是非とも日々の様々な場面で利用してみてください。

スポンサーリンク

「早速」とは?

最初に「早速」の意味をご説明致します。

「早速」の意味としては、基本的にすぐに対応や処理することを意味しております。

また、そのような状態や状況を意味する際にも使いますので、参考にしてみてください。

「直ちに」とは?

次は「直ちに」の意味を解説していきます。

「直ちに」の意味としては、直接という意味やじかにという意味を持っております。

そして、間髪容れずにすぐに行動することという意味合いでも使われます。

こちらの方は、緊急性を要する際の表現として使う事が多いのです。

「早速」と「直ちに」の違い

ここでは「早速」「直ちに」の違いを解説していきます。

「早速」「直ちに」の違いは上で解説している意味を照らし合わせていってみてください。

違いや使い方までが分かってくると思います。

「早速」というのは、基本的にすぐに行動にすることや、対処や対応する意味があります。

「直ちに」というのは、緊急を要することがあり、間髪容れずに行動する際に使うのです。

以上が「早速」「直ちに」の違いとなります。

次は「早速」「直ちに」の使い方の違いを見ていきましょう。

「早速」と「直ちに」の使い方の違い

前者の場合は、「早速、DVDを再生してみようと思います」という使い方が分かりやすいでしょう。

後者の方は、「直ちに偵察機を出撃させます」というのが、イメージしやすいでしょう。

後者は緊張感があるのがご理解いただけるはずです。

参考になれば幸いです。

「早速」を使った例文

ここでは「早速」を使った例文を書いていきます。

・『早速、テスト勉強してみよう』
・『昨日のお題を早速、パソコンでやってみよう』
・『早速、仕事に取り掛かります』
・『朝から早速、大騒ぎしているようだ』
・『早速、エンジンをかけてみよう』
以上が「早速」を使った例文になりますので、把握しておいてください。

「直ちに」を使った例文

次は「直ちに」を使った例文を書きます。

・『第二次攻撃隊は直ちに発進の要ありと認』
・『直ちに即金に繋がるわけではない』
・『大事件の通報が入ったので、直ちに出動した』
・『直ちに出撃できるように、パイロットは待機中である』
・『CDを直ちにデスクに置いているのは、好ましくない』
以上が「直ちに」を使った例文になりますので、役立ててみてください。

「まとめ」

まとめとしては、「早速」というのは、すぐに行動を取るという意味があります。

場合によっては、状況や状態をも意味する時に使いますので、押さえておいてください。

後者の「直ちに」というのは、緊急を要する事態に直面している時に、間髪容れずに迅速な行動を求められる時に使うものだと認識してください。

以上が「早速」「直ちに」の違いのまとめとします。

ご自分でよく理解して、活用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典