スポンサーリンク

「昇進」と「昇格」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「昇進」と「昇格」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「昇進」「昇格」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「昇進」とは?

「昇進」は、その人が担当している仕事上の地位や官位が上がることを意味します。

地位とは、その仕事の中で自分が占めている位置のこと、官位とは、官吏の等級のことです。

「昇進」は日常で一般的に使われる言葉です。

「昇」という漢字には、上にあがるという意味があり、「進」という漢字には、のぼるという意味があります。

「昇格」とは?

「昇格」は、格式や階級などが上がることを意味します。

格式とは身分や家柄のこと、階級とは身分や地位が上なのか下なのかといったことを意味します。

「昇格」という言葉は、人間に対してだけでなく、機関の格式や階級に関しても使用されます。

「格」という漢字には、身分、きまりという意味があります。

「昇進」と「昇格」の違い

「昇進」「昇格」は、どちらにも身分や地位が上がることという意味があります。

意味に大きな違いはありません。

2つを比べると、日常的に使われる言葉は「昇進」の方です。

また、「昇進」は一般的に人間に対して使われる言葉ですが、「昇格」は人間だけでなく、機関の格式や階級などにも使用されます。

人に対しては「課長に昇進した」のように使用し、機関などの場合は「係長から課長に昇格した」のように使用します。

まとめ

どちらの言葉も意味は同じなのですが、使われる場面が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典