スポンサーリンク

「春の調べ」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「春の調べ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「春の調べ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「春の調べ」とは?意味

「春の調べ」と言う言葉は、それほど頻繁に聞く言葉ではありません。

しかし、時としてそんな言葉を耳にして、どう意味だろうかと疑問に感じた方も少なくないでしょう。

「春」は四季の「春」でしょうが、それに組み合わせて続く「調べ」の意味とは何を指すのでしょうか? 辞書で「調べ」をチェックすると、「調査」「点検」「尋問」と言った、いわゆる調べることに関わる意味と、「音楽を奏でる」「旋律」「 音楽や詩歌などを通して感じられる情緒や調子」と言った音楽的な事項の、大別すると2つの意味が、列挙されています。

この中で、「春」「調べ」と言葉を続ける場合、やはり「調べ」の意味の最後に記した「 音楽や詩歌などを通して感じられる情緒や調子」が適切な意味でしょう。

すなわち、「春の調べ」とは、「春を感じられる音楽や詩歌や、さらにそうした情緒」と解釈する事が出来ます。

実際に、邦楽で琴で演奏される「春の調べ」と言うタイトルの楽曲もあります。

「春の調べ」の概要

「春の調べ」と言う言葉を聞いて、どういう意味か疑問に思って辞書で調べると、「邦楽のタイトル」とのみ出て来ます。

これでは、恐らく疑問に思った人の答えにはなっていないでしょう。

例えば、有名なレストランのフルコースのサラダの名前に「春の調べ」とサブタイトルが付いているのを目にした事があります。

最近では、こうした使い方が多く、前項で記載した様に、「春の調べ」とは、「春を感じられる音楽や詩歌や、さらにそうした情緒」と解釈すれば、このサラダのサブタイトルの意味が何となく理解でき、その名前を付けた料理人の想いも感じ取る事が出来るでしょう。

元々は「春を感じられる音楽や詩歌」の意味が、さらに「春の情緒」を感じられる事柄へと拡大使用されているのです。

長い閉ざされた「冬」から花が咲き、新芽が芽吹く「春」の活き活きとした雰囲気や情緒を「春の調べ」と表現している事が多いのです。

もちろん、これと対の形で「秋の調べ」と言う表現も使われますが、こちらは「冬」に向かい、最後の華やかさを見せる紅葉や、秋の虫の音など、どことなく物悲しさを表現するケースが多い様です。

「春の調べ」の言葉の使い方や使われ方

「春の調べ」は、『春の果物をモチーフにしたこの和菓子類は、春の調べと言うネーミングで販売する予定です。』や『唱歌の「春の小川」はまさに春の調べの代表例ですね。』の様に使う事が出来ます。

「春の調べ」の類語や言い換え

「春の調べ」の類語や言い換えとしては、「春の情緒」「春の音」「春の旋律」などを上げる事が出来ます。

まとめ

「春の調べ」とは、辞書で調べても「邦楽のタイトル」としか出て来ません。

しかし、これでは一般的に使われている意味は全く理解できません。

一般的に「春の調べ」と使われる例は、この記事で説明した様に、「春を感じられる音楽や詩歌や、さらにそうした情緒」と解釈すれば、実際に様々な形のネーミング等で使われている言葉の意味が理解しやすいと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典