スポンサーリンク

「昨晩」と「昨夜」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「昨晩」と「昨夜」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「昨晩」「昨夜」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「昨晩」とは?

「昨晩」とは、「昨日」「晩」をちぢめた言葉です。

読んで字のごとく、「昨日の晩頃」の時間帯を表します。

「昨晩」の使い方

「晩」が示している時間帯は、夕暮れ頃から夜までの間です。

ですから「昨晩」を使用するのも、昨日の夕暮れ頃から夜までの間を示す場合に限られています。

「晩」の類語は「夕べ」です。

「夕ご飯」「晩御飯」という言葉もあるように、ごはん時の夕方ごろを示す言葉なのです。

具体的な時間としては午後5時から午後8時頃が「晩」とされていますが、現在では、定義は広がりつつあります。

「昨夜」とは?

「昨夜」とは「昨日」「夜」をちぢめた言葉です。

昨日の夜頃の時間帯を表します。

「昨夜」の使い方

「夜」が示す時間帯は日が完全に落ち切った夜以降です。

「昨日の夜」という意味合いが示すとおり、厳密には昨日の夜0時までが言葉の範疇ですが、実際には、夜寝る前までの出来事は「昨夜」と示される場合が多いです。

0時を回ってからのことでも、寝て起きてから思い返す場合は、「昨夜」として回想されることが多いです。

「昨晩」と「昨夜」の違い

「昨晩」「昨夜」の違いは、示している時間帯の範囲です。

厳密には「晩」は夕暮れごろから夜中まで、「夜」は日没後から夜まで、という範囲となっています。

「晩」のほうが、いくらか明るい夕方ごろから始まるのです。

一方の「昨夜」は日が落ちてから、夜の時間帯しか示しませんので、注意が必要です。

また、どちらの言葉も「前の日」にあった出来事を示しますが、「昨夜」の場合は必ずしも前日の夜のことではなく、「寝る前のこと」を示す場合もあります。

0時を回って日が変わってからのことでも「昨夜」の範疇です。

対して「昨晩」ですと、日付が変わる前までを指すことが多いようです。

もっとも、現在では、使い分けが曖昧になってきており、どちらを使用しても「夜に起きた出来事」という具合に、大まかな意味は通ります。

もっとも、夜中の出来事だと確実に伝えたい場合は「昨夜」を使用するなど、ニュアンスを大切にした言葉選びは求められるでしょう。

「昨晩」の例文

・『昨晩の晩御飯は美味しかったなあ』

・『昨晩のドラマは録画出来ているかな?』

・『どうしても昨晩の夕陽が忘れられない』

・『昨晩は散歩に最適の気温でしたね』

「昨夜」の例文

・『どうしても気になって、昨夜、友人に電話をかけてしまった』

・『昨夜遅くに近所で騒ぎがあり、警察が来ていた』

・『昨夜は夜桜見物に出かけた』

・『昨夜からの雨で、地面がぐちょぐちょだ』

まとめ

「昨晩」「昨夜」の違いは、「晩」「夜」が示している時間の違いにありました。

「晩」は午後5時から午後8時頃までの、夕暮れから夜のはじめ頃までを指します。

一方の「夜」は日没から夜0時頃までの、暗い時間を指します。

そのため、「昨晩」を使用する際は夕方ごろを含めた時間帯を、「昨夜」を使用する場合は日没後の夜中を含めた時間帯を想定します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典