スポンサーリンク

「時代の寵児」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「時代の寵児」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「時代の寵児」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「時代の寵児」とは?意味

「時代の寵児」とは、その時代においての著名人や人気者、有名人について表す言葉です。

「時代」という点が重要であり、有名人であるなら誰でも「時代の寵児」と呼べるわけではなく、時代に適した事柄や能力によって有名になったり成功したりした人について使われる言葉になります。

また、「もてはやされている」という意味を含む言葉になるため、その人物についてニュースで大々的に取り上げられるなど、誰もが知るような時代を代表する有名人や著名人に対して使用される言葉となります。

「時代の寵児」の概要

「時代の寵児」とは、「じだいのちょうじ」と読みます。

「寵児」という言葉は、「可愛がる」などの意味がある「寵」という言葉と、「児童」「幼児」など子供を表す言葉に使われている「児」という言葉が使われているため、「寵児」の意味としては、特に可愛がられている児童や人気者という意味が含まれている言葉です。

人気者や、可愛がられている子供に対して「寵児」とそのまま表すことも可能ですが、ほとんどの場合「時代の寵児」と使われます。

「時代の寵児」という使われ方をした場合には、「寵児」の意味である「可愛がっている子供」という意味については特にこだわる必要がなくなります。

「時代の寵児」の言葉の使い方や使われ方

「時代の寵児」は、その時代に合わせた能力や事柄をして人気者になった人に対して使われる言葉です。

このため、時代に関係なく常に有名である人や、昔から人気のある芸能人に対しては「時代の寵児」とは使われません。

「時代の寵児」と表わされる例を挙げると、ドラフト1位でプロ球団入りしてめざましい活躍をした選手、流行語になった言葉を生み出した芸能人、ビジネスで大成功を収めた経営者などが挙げられます。

このように人気がある事が前提のため、何か悪い事をして一躍有名となった人に対しては「時代の寵児」とは使われません。

「時代の寵児」は主に人に対して使用する言葉ではありますが、非常に人気になったサービスや商品などに対しても「時代の寵児」と使われる事もあります。

「時代の寵児」を使った例文(使用例)

・『時代の寵児だったあの選手が、監督として復帰した』
・『バラエティー番組にいつも出演しているあの芸能人は時代の寵児と言えるだろう』
・『彼の会社は、斬新な発想で数々の大ヒット商品を送り出している。まさに時代の寵児だ』

まとめ

「時代の寵児」とは、その時代の著名人や人気者を表す言葉となります。

その時代にあった有名人であるという事が重要な点であり、ただ単に人気者であったとしても「時代の寵児」とは呼ばれません。

多くの人に支持され、影響を及ぼす人について「時代の寵児」と呼ぶ事を覚えておくとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典