スポンサーリンク

「時間を埋める」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「時間を埋める」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「時間を埋める」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「時間を埋める」とは?意味

「時間を埋める」とは、友人との待ち合わせの時間や、仕事のスケジュールの時間など、もともと決められていた時間より早く到着してしまったなどの理由によって、数分から数時間の空きの時間が発生した場合、予定の時間まで別の行動をして時間を消費するという意味を持つ言葉です。

「時間を埋める」の概要

「時間を埋める」とは、「じかんをうめる」と読みます。

ある部分や範囲を物でふさぐという意味を持つ「埋める」という言葉ですが、この場合の「埋める」部分や範囲については「時間」を指しており、その空いている時間を「埋める」、つまり時間を使うという意味として使用されています。

「時間を埋める」という行動の多くは、予定していた時間より早く目的の場所に到着してしまった、先方から予定の時間が遅れる連絡があったなど、急遽発生した空き時間である場合が多く、その場でどのように時間を使うかを考える必要があります。

「時間を埋める」必要のある時間がどの程度の長さによるかで、行動の選択肢は限られるでしょう。

人によって「時間を埋める」必要があった場合に取る行動は様々であり、喫茶店やカフェなどでゆったりと時間の経過を待つという選択肢を取る人もいるでしょう。

また、次の集合場所や目的地に到着しなければならない時間まで数時間という長い空き時間である場合は、一度自宅に帰宅しシャワーを浴びるなどの行動を取る人もいます。

このように「時間を埋める」という行動は、もともと決められていた予定の時間まで繋ぎの行動を指すため、その場で考え行う場合が多くなっています。

「時間を埋める」の言葉の使い方や使われ方

「時間を埋める」という言葉を使用する場面は、急遽次の予定まで時間が空いてしまった場合に使われます。

例えば、友人と遊ぶ約束をしていたとします。

その時、友人より1時間遅れるという連絡があったら、急遽1時間という待ちの時間が発生してしまいます。

この1時間という時間をなんらかの行動をして消費するという事について「時間を埋める」と使用されます。

この「時間を埋める」行動については、その個人で自由に考えて決定するものであり、様々な選択肢が挙げられるでしょう。

例えば、近くのカフェでゆっくりと過ごす、服屋などでウィンドウショッピングする、小腹が空いていたらスイーツ店に立ち寄るなど、その時に思いついた行動を行う事になります。

ただ、あまりに長時間必要な行動を選択してしまうと、予定時間に遅れてしまう可能性があるため、空いた時間を超えないような行動を考える必要があると言えます。

「時間を埋める」を使った例文(使用例)

・『遊ぶ約束をしていた友人から遅れるという連絡があったので、時間を埋める必要がありそうだ』
・『先方との約束の時間まで2時間空きがあるので、気になっていたスイーツ店で時間を埋めることにしよう』

まとめ

「時間を埋める」とは、次の予定時間まで空きの時間が発生した場合に、その時間を消費するために別の行動を取って時間を使うという意味を持つ言葉です。

時間というものは限られているものですので、「時間を埋める」という行動でその空いた時間を有意義に使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典