スポンサーリンク

「晩メシは最低4品」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「晩メシは最低4品」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「晩メシは最低4品」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「晩メシは最低4品」とは?意味

夕食のおかずは少なくても4品、4品以上は必要という意味です。

「晩メシ」とは、夕食のことです。

夕食は、夕方ごろに食べる食事を意味しています。

夕方とは何時なのかというと、具体的な時間はないのですが、日の沈むころを指しています。

「最低」は程度が一番低いことです。

「晩メシは最低4品」という場合は、少なくともという意味になります。

「品」は、何かに使用する形のあるものです。

この場合はおかずを指しています。

「晩メシは最低4品」の概要

日本人の場合、朝・昼・夕の3食を食べる人が多くいます。

3食の中でもっとも食べる量が多いのが夕食です。

この場合の食べる量が多いとは、一つのものをたくさん食べるという意味ではなく、お皿の数が多いという意味です。

ラーメン大盛りを食べるということではなくて、肉じゃが、サラダ、味噌汁、焼き魚、ほうれん草の胡麻和えといった、たくさんの内容である食事を指しています。

夕食の食べる量が多い、そうすると品数を増やす必要があり、そうしておかずの数が多くなるのです。

しかし、家庭によって品数は違います。

一汁一菜という家庭もあれば、4品、5品といった家庭もあるのです。

一汁一菜は質素な食事といわれることが少なくありません。

このような食事をしているからといって、決して貧しいわけではなく、この量で満足できるから、たくさんおかずを作るのは面倒だからなど、さまざまな理由でこのような食事をしている人がいます。

なぜ夕食の品数が多くなるのかの理由もさまざまです。

いろいろな物を食べて楽しみたい、料理が好きだ、夕食を豪華にしたいなど、家庭によってその理由は違います。

いくつものおかずを出す場合、どのようなものを食べているのかというと、それもさまざまです。

おかずといっても、洋風、和風、中華風などがあり、1食で洋風のものと和風のものがでたり、洋風のものだけだったり、和風のものだけだったりすることがあります。

たくさんのおかずを作る人は、それだけ時間と手間がかかり大変です。

しかし、お惣菜をうまく利用したり、作り置きをしておいたりすると、あまり苦労をせずに品数を増やすことができます。

「晩メシは最低4品」の言葉の使い方や使われ方

自分だけで食べる場合はあまりこの言葉は使わず、食べるだけの人が使うことが多いです。

食べるだけなら楽なので、作る人のことを考えず、このようなことが言えます。

「晩メシは最低4品」の類語や言いかえ

「晩メシの品数は多く」が似たような意味を持つ言葉です。

多くとは具体的にいくつなのか、この言葉だけではわかりませんが、1つ、2つではないことは確かです。

まとめ

日本人は1日の食事の中で夕食を一番多く食べる傾向があり、品数も多くなる傾向があります。

その品数は家庭によってさまざまです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典