スポンサーリンク

「景色」と「光景」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「景色」と「光景」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「景色」「光景」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉を是非とも把握して、ご自分の知識として役立ててみてください。

使い方等が分かると、言葉というのは非常に楽しいものになってきます。

スポンサーリンク

「景色」とは?

最初に「景色」の意味をご説明致します。

「景色」の意味としては、基本的に「観賞用」の自然の眺めを意味しております。

「風景」という表現することもありますので、抑えておくと便利でしょう。

また、陶磁器の予測不可能な変化に対しても用いることもありますので、豆知識として抑えておいてください。

「光景」とは?

次は「光景」の意味を解説していきます。

「光景」の意味としては、自分の間の前にある景色や眺めを意味しております。

また、日の光や情景等としての意味合いもありますので、参考にしておいてください。

「景色」と「光景」の違い

この項目では「景色」「光景」の違いを解説していきます。

「景色」「光景」の違いとしては、上で解説した意味を分析しながら当てはめていくと、違いはすぐに分かるでしょう。

「景色」というのは、「観賞用」の自然の美しい「景色」を意味しております。

また「光景」というのは、自分の間の前にある景色、眺めを意味しており、日の光や情景等を指す意味合いもあります。

「景色」と「光景」の使い方の違い

次は「景色」「光景」の使い方の違いを解説します。

前者の場合は、「美しい景色を数年ぶりに見られて~」という使い方がイメージしやすいことでしょう。

また後者の方は、「非常に悲惨な光景が広がっており、戦争が終わっても心の傷として~」という使い方が、分かりやすいはずです。

「景色」を使った例文

・『日本三景の景色は非常に美しいものだった』
・『景色というのはその日の心模様で変わるのかもしれない』
・『美しい景色をスマホで撮影した』
・『いい景色だというのに、雨天なので非常に残念だ』
・『天橋立の景色を絵として描いてみた』

「光景」を使った例文

・『戦艦武蔵の艦上には、悲惨な光景が広がっており、正に地獄絵図だった』
・『富士山から見る町の光景は非常に美しい』
・『忘れられない光景がある』
・『雪が積もった山は美しい光景だと思います』
・『海軍士官が整列している光景は実に立派である』

「まとめ」

まとめとして「景色」というのは、「観賞用」としての自然の「景色」という意味です。

また「光景」というのは、自分の目の前にある景色や眺め、日の光や広がる場面等を意味しているのです。

後者の方が使う機会は多いことでしょう。

是非とも、参考にして知識にするもよし、上手に使ってみるもよしだと思いますので、参考になることを祈っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典