スポンサーリンク

「暇を出す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「暇を出す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「暇を出す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「暇を出す」とは?意味

「暇を出す」は、休暇を与えることで、かなり上から目線で対象となる人物に対して暇な時間をくれてやるという意味で使用する言葉です。

その為、この言葉が使用できるのは権力者で人間を雇い入れビジネスをしているタイプの権力者が主になります。

「暇を出す」の概要

「暇を出す」は、何故偉そうなのかについてですが、元々、「暇をやる」というのは、奥さんに対して男性側が権力を用いて奥さんを首にするつまり事実上の離婚をする際、行く当てが無くなり暇になるが故、「暇をやる」という言葉が始まりでした。

そこから派生したのが「暇を出す」でこれは、小説などでも登場する言葉で、首にするのではなく、どちらかというとこちら側が対象となる物に対して、強制的におやすみを与えるという意味になります。

その為、一応マイルドな表現にはなっていますが、まだ偉そうなのは、元々の意味が対象を首にして対象を無職にして暇な時間をくれてやるという意味であるが故、まだ若干上から目線なのです。

「暇を出す」の言葉の使い方や使われ方

「暇を出す」は、対象となる人物にお休みを与えることで、経営者側が使用する言葉です。

なお、対象を首にしたい場合、「暇をくれてやる」と言い切ります。

「暇を出す」を使った例文

・『今回、君の不祥事については、君に暇を出すことで問題の解決を図る』
この例は、対象者が行った不正に対し、対象を謹慎処分にして一時的に会社を休む形で問題を解決するという例です。

なお、このケースの場合、首の方が良いのではないかという声がありますが、これには思惑があり、自ら対処にしないと退職金の支払いがあるが故、あえて対象を首にしません。

つまりは、会社側は対象に満額の退職金の支給をしたくない場合、あえて不正を働いたものを首にせず、自分から辞めるよう促すわけです。

・『お手伝いさんに暇を出す』 この例は、ホームヘルパーの方に対して一時的にお仕事のおやすみを与えたという例です。

理由については、家族が旅行に行く場合の他必要性が無くなった場合など様々でホームヘルパーの方も自分のお仕事は必要とされる間だけお仕事を行うと割り切りお仕事をしているうえ、派遣のヘルパーさんの場合別の職場に移動となるため、実のところヘルパーさんはお仕事が休みであるかは未知数になります。

まとめ

「暇を出す」は、未だ対象に休みをくれてやるという意味でその理由は元々の意味が「暇をやる」という言葉で、言い方が悪いのですが、言葉自体が命令口調です。

これについては、昔の男性側が家族や会社の主導権を持つことから、偉そうないい方になっているだけで、一応これでもマイルドになった部類が、「暇を出す」になります。

なお、この言葉は、会社においては使い勝手が良い言葉でその理由は自主退職を促すことができる言葉であるが故、退職金の満額支払いをしないで済むという手段だったりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典