スポンサーリンク

「暴言」と「罵倒」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「暴言」と「罵倒」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「暴言」「罵倒」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「暴言」とは?

「暴言」とは、他人を傷つけるような乱暴な言葉という意味になります。

言葉遣い、話し方が表面上は丁寧であっても、内容が相手を傷つけるものであればそれは「暴言」となります。

「彼女は笑顔で暴言を吐くから怖い」「彼からすれば君が言ったことは暴言でしかない。

すぐに取り消して謝罪しなさい」
などと、使います。

「罵倒」とは?

「罵倒」とは、口汚く罵ること、またその言葉という意味になります。

大声で相手を非難したり、怒鳴る、悪口を言うといったことが「罵倒」です。

「彼女は感情的になると、相手を罵倒する癖がある」「今日でバイトを辞めるから、大嫌いな先輩にこれでもかと罵倒を浴びせてやった」などと、使います。

「暴言」と「罵倒」の違い!

「暴言」「罵倒」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は似た印象が強いのですが、意味が違いますので使い分けができるようになりましょう。

「暴言」とは、他人を傷つけるような乱暴な言葉という意味です。

いくら丁寧な言い方であっても内容が悪ければそれは「暴言」です。

にこやかに嫌味を言うような人は「暴言を吐いている」わけです。

一方の「罵倒」とは大声で相手を非難したり、怒鳴ったり、悪口を言うことです。

「罵倒」は感情的になっていて冷静さを失っているとも言えるでしょう。

「暴言」は冷静な状態でも吐けますが、「罵倒」は感情が高ぶっているということが違いになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「暴言」「罵倒」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典