スポンサーリンク

「服装」と「服」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「服装」と「服」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「服装」「服」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「服装」とは?

衣服とその装飾品のことです。

また、それらを身に着けたときの様子です。

衣服とは体にまとうものです。

日本人が普段体にまとうものとしては、洋服や和服があります。

洋服にはいくつかの種類があります。

たとえば、スカート、Tシャツ、ブラウス、ワンピース、背広などです。

これらすべてを衣服といいます。

着物には、礼服、準礼服、普段着などがあり、これらもすべて衣服になります。

これらの素材は、綿、麻、絹、羊毛、ポリエステル、ナイロン、レーヨン、アクリルなどです。

さまざまな素材が用いられており、素材によって手入れの方法に違いがあります。

とくに絹や羊毛は扱いに注意が必要です。

「服装」には、衣服を身に着けたときの様子という意味もあります。

これは、衣服と衣服の組み合わせを意味しています。

たとえば、Tシャツとジーンズを組み合わせたらどのような印象になるかなどです。

「服装」の使い方

体にまとうものと、それをまとったときの様子を指して使用をします。

「服」とは?

「服」には2つの意味があります。

一つは、体にまとうものです。

つまり、衣服のことです。

日本人が普段体にまとうものには、洋服と和服がありますが、「服」はどちらのことも指しています。

洋服や和服に使用される素材には、綿、麻、絹、ウール、ポリエステル、レーヨン、アクリルなどさまざまあります。

どのような素材でも「服」ということができます。

もう一つの意味は助数詞です。

助数詞とは、数を示す語につけて、数えられるものの性質や状態を表すものです。

薬の包みは「服」を使って数えます。

粉薬などは小さな袋に小分けされており、これを「一服」「二服」などと数えます。

タバコを吸うときにも「一服」といいます。

また、茶を飲むときにも「一服」が用いられます。

「服」の使い方

体にまとうものを指して使用します。

また、数を表す語と一緒にも使われます。

「服装」と「服」の違い

体にまとうものという意味が同じです。

しかし「服装」には、その装飾品の意味と、それを身に着けたときの様子の意味があります。

「服」はスカート、背広、ワンピースなど、物を指しており、身に着けたときの様子の意味はありません。

「服装」の例文

・『服装を気にする』

・『暑さ寒さを服装で調節してください』

・『ラフな服装を好む』

・『若々しい服装だとほめられた』

「服」の例文

・『クローゼットの中は服でいっぱい』

・『捨てる服をゴミ袋に入れる』

・『着なくなった服をリサイクルショップに持って行く』

・『この服はもう着ることはないだろう』

まとめ

野生動物と違い、人間は体に布などをまとっています。

このまとっているものを「服装」または「服」といいます。

「服装」には身に着けたときの様子という意味もあり、この意味は「服」にはない点が2つの言葉の違いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典