スポンサーリンク

「望ましい」と「理想的」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「望ましい」と「理想的」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「望ましい」「理想的」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「望ましい」とは?

「望ましい」の意味と使い方について紹介します。

「望ましい」の意味

「望ましい」「のぞましい」と読みます。

意味は「そうであってほしいと願うこと」です。

「望ましい」の使い方

「望ましい」は、そうであって欲しいとう願望を表す言葉です。

絶対にそれでなければダメ、という訳ではありませんが、他にもっと良い選択肢があり、そちらの方が良いと思う時に使われます。

例えば「日常会話程度の英語力がある人が望ましい」と言えば、基本的には英語が話せなくても構わないのですが、できれば日常会話程度に話せた方が良いという意味になります。

求人広告で使われる場合、同じ位のレベルの人がいれば、英会話ができた方が有利になるということです。

「理想的」とは?

「理想的」の意味と使い方について紹介します。

「理想的」の意味

「理想的」「りそうてき」と読みます。

意味は「これ以上望むことがない最高の状態に当てはまるもの」「理性で考えた場合の完全な状態に当てはまるもの」です。

「理想的」の使い方

「理想的」は、日常で使う場合、「これ以上望むところがない最高の状態に当てはまるもの」という意味が多くなります。

「理想」とは「人が心に描き求め続ける願望で、それ以上望むところがなという完全な状態」という意味で、「理想的」が付くことで、その「理想」に当てはまる現実の人や物、状態などに使われます。

「彼は理想的な恋人です」は、「その人にとってこれ以上望むところがなく、完全に満足な恋愛相手のこと」を言います。

因みにまだ実現していない段階では「的」を使わずに「理想の恋人」と言います。

「望ましい」と「理想的」の違い!

「望ましい」「そうであってほしいと願うこと」です。

「理想的」「これ以上望むことがない最高の状態に当てはまるもの」です。

まとめ

今回は「望ましい」「理想的」の違いをお伝えしました。

「望ましいは願望」「理想的は完全な状態」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典